CHRのLEDエディション!特別仕様車の内容、変更点、値段まとめ。

センシュアルレッドのledエディション
スポンサーリンク

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車が追加されます。

その名は「C-HR LED Edition」です。

2017年の11月2日に発売開始していますが、お得なパッケージとなっており早くも多くの方から人気を得ています。

今回はC-HR LED Editionのグレード、装備内容や変更点についてまとめていきます!

トヨタの新型C-HR・LEDエディション

流れるウインカーが標準装備

ledエディションのchr

最も大きな点では流れるウインカーことシーケンシャルターンランプがを始めとするLEDライトが標準で装備されます。

  • LEDシーケンシャルターンランプ
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)
  • LEDクリアランスランプ
  • LEDデイライト

通常はメーカーオプションで151,200円するので、流れるウインカーを付けたい方はLEDエディションを購入するのがお得になるのは間違いなさそうです。

Bi-Beamというのは1つの光源でロービームとハイビームの切り替えができるLEDで、省電力化に貢献をします。

またシーケンシャルターンランプはベースグレード(S、S-T)ではオプションでも選択不可でしたが、LEDエディションは4つのグレード全てにラインナップされます!

エクステリア

エクステリアではフロントアウトサイドドアハンドル(メッキ)が採用され、かなり高級感のある仕上がりになっています。

トヨタchrのドアハンドル

通常はドアハンドルはボディーカラーと同色(カラード)ですが、程よく艶を落としたガンメタ調。

レクサスの内装パーツに使われるような質感高いメッキ素材。

ドアハンドル部分が変わるだけでも通常グレードとの違いは、1目で分かることでしょう。

chrセンシュアルレッドマイカ

インテリアは変わり無し

LEDエディションの内装ですがインテリアは変わりありません。

夜のドライブが一層楽しくなるアンビエントライトの各種は全てオプションのままとなります!

インパネアクセントイルミネーション:23,760円

助手席ダッシュボード下に青色のLEDが配置されます。

インパネイルミchr

センターコンソールイルミネーション:6,480円

センターコンソールの小物入れスペースを照らします。

モデリスタオプション・イルミパネル:43,200円

シフトパネル周辺にLEDではなく無期ELを内蔵。

chrのシフトゲージ

その他、LEDのルームランプやフットライトなどもオプションとなり、あくまでもシーケンシャルターンランプなどエクステリアのパーツがLED化される特別仕様車です。

ボディーカラーは計8色

LEDエディションでは選べるボディーカラーは決められています。

ワインレッドに近いセンシュアルレッドマイカは選べますが、その他青や黄色といった派手な色を選ぶことはできません。

モノトーンカラー

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • メタルストリームメタリック
  • ブラックマイカ
  • センシュアルレッドマイカ

こちらはメタルストリームメタリックのC-HR。

メタルストリームメタリックのchr

そして2017年の8月2日より追加されたツートンカラーのラインナップは以下の通りです。

ツートンカラー

  • ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラック×メタルストリームメタリック
  • ホワイト×ブラックマイカ
  • ブラック×センシュアルレッドマイカ
センシュアルレッドのledエディション

フロントアウトサイドドアハンドルのメッキ色が最も目立つのはセンシュアルレッドマイカですね。

またツートン色を選べば街中でもあまり被ることは無くなりオススメ。

トータルではお買い得

気になるのが価格ですが流れるウインカーを付けたいならお得になってます。

こちらは通常の4つのグレード

Tが付くのがダウンサイジングターボモデルで付かないのはハイブリッド。

  • S-T:2,516,400円
  • S:2,646,000円
  • G-T:2,775,600円
  • G:2,905,200円

そしてLEDエディションは記事の冒頭にも書いた通り、全てのグレードで選択できお値段は?

  • S-T:2,540,400円(+24,000円)
  • S:2,670,000円(+24,000円)
  • G-T:2,799,600円(+24,000円)
  • G:2,929,200円(+24,000円)

なんと全て+24,000円。

今まではオプションで付けると151,200円したことを考えるとかなりお買い得!

既にオプションで付けて購入した方にとっては悲しいかもしれませんが、、、

そして、、、さらに安く買いたいあなたに向けて値引きが難しい人気車種「C-HR」を日本一お得に買える方法を紹介します。

※必見・106万円引きで買う方法

ネットから気軽に見積もりを取ることができる「新車流通革命」というサービスを利用することでディーラーよりも圧倒的な割引金額、追加オプションを得ることができ、なんと新型車種であるC-HRが最大で106万円引きで購入することができます。

ディーラーに行こうか迷っている方や面倒な方は、気軽に新車流通革命で見積もりを取ってみて下さい!金額を見て交渉材料にするもOK、そのままネットから購入するもOKです。

ただネットからの新車見積&購入サービスということで抵抗感がある方もいると思いますが、しかっりとトヨタのディーラーで正規保証&アフターサービスも同様に受けられますし、少し気が引けるという場合でも以下のように安心安全のサービスでディーラーから購入するのに比べてデメリットはありません。

  • 登録はディーラーが直接行ってくれます
  • 新車保証もディーラー購入と同様に受けられます
  • 最長1ヶ月まで代車も無料で借りられます
  • オイル交換、車検などのアフターも特別価格です
  • 希望者には試乗車を用意いたします

もちろんボディカラー・グレード・オプション(モデリスタやTRDパッケージ)もあなたの思い通りに自由に選べますし、支払い方法に関しても一括~最大120回のローンまであなたのプラン通りに組むことができます。

少しでも安くC-HRを購入したい、営業マンとのやり取り無く見積を取りたいという方は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】新車流通革命を利用してみて下さい!利用に必要な情報は以下の5つの項目だけです。

  1. お名前
  2. メールアドレス
  3. 電話番号
  4. 都道府県
  5. 希望するグレードやオプション(任意項目なので分かる範囲だけでOK)
6911

⇒人気車種C-HRが最大106万円引きで買える!【新車流通革命】はコチラから

ディーラーでの見積と違う点を挙げるとするのであれば、最初の入口がインターネット経由ということぐらいです。

今の時代、どんなサービスや商品であっても「インターネットからお問い合わせ下さい」というのが当たり前になっていますが、これが車販売にも対応してきたということですね。

購入後のオイル交換・定期メンテナンス・車検もあなたがお住いの地域の近くにあるトヨタの正規ディーラーで行えますし、少しでも興味のある方は気軽に依頼をしてみてはどうでしょうか?

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

センシュアルレッドのledエディション