ヴォクシーGRスポーツのデザイン、スペック、価格をまとめ!

ヴォクシーgrのフロント画像
スポンサーリンク

トヨタのスポーツモデルといえばG’sシリーズでしたが、現在はGR(GAZOO Racing)シリーズへと統一されて各車種でも移行が進んでいます。

ミニバンのヴォクシーでは2017年9月19日より『ヴォクシーZS GRスポーツ』として従来のG’sからパワーアップして発売されています。

この記事では新しいヴォクシーのスポーツモデルとなるヴォクシーGRスポーツについてのデザインやスペック、価格、そして値引きの裏技まで紹介していきます!

TRDやモデリスタ仕様

ヴォクシーにはその他、TRD(Toyota Racing Development)やモデリスタといったエアロモデルも充実しています。

詳しくは別記事にまとめてありますので宜しければ参考にしてくださいm(_ _)m

トヨタ・ヴォクシーのモデリスタ、TRD仕様の7種類をまとめ!

2017.02.08

トヨタ車を安く買おう!

トヨタの値引き方法については別記事にまとめたので宜しければご覧くださいm(_ _)m

トヨタの値引き
おすすめ⇒トヨタ車の値引き方法はココから

トヨタ・ヴォクシーGRの最新情報まとめ

エクステリア

ヴォクシーGRのエクステリア画像です。

フロントマスクにはトヨタ、ネッツのエンブレムは付いておらずバンパー下部にGRであることを表すグリルバッジが付いています。

フォグランプも装備されておりデザインだけでなく安全面でも安心できます。

ヴォクシーgrのフロント画像

リアにはトヨタエンブレムが配置されます。

特徴的なのはリアバンパーで特徴的なブラックベザルのパーツを採用しており、車をワイドに見せつつロースタンスさも強調。

テールランプも各点灯部分がスモークメッキにより細かく分割されており、通常のヴォクシーとは全く違うデザインとなっています。

ヴォクシーgrのリア画像

独特な光り方をするリアのコンビネーションランプ。

ヴォクシーのテールランプ

ホイールもGRオリジナルのデザインとなっています。

タイヤ&ホイールサイズについては以下の通りです。

215/45R18タイヤ(ブリヂストン POTENZA RE050A)&7J専用アルミホイール(エンケイ製 ブラック塗装+切削光輝&リム段差仕様)+専用センターオーナメント

新型ヴォクシー煌3(きらめき3)の内外装や特別装備、価格をまとめ!

2017.12.08

スポーティーなインテリア

GRではエクステリア、エアロパーツだけではなく内装もかなりスポーティーな仕上がりとなっています。

ミニバンでも走る楽しさを求められる時代に合わせて通常モデルから大幅な変更があります。

トヨタヴォクシーGRのインテリア
  • 専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール
  • 専用オプティトロンメーター
  • 本革巻きシフトノブ
  • 専用スタートスイッチ(GRロゴ付)
  • ドアトリムオーナメント
  • アルミペダル(アクセル・ブレーキ)

トランスミッションはSuper CVT-i(自動無段変速機/7速スポーツシーケンシャルシフトマチック付)ですが、残念ながらGRスポーツでもパドルシフトは付かないようです(。´Д⊂)

ただシートはスポーツカーのようにサイドサポートがしっかりした形状、素材を採用。

ヴォクシーGRのスポーツシート

サイドは耐久性に優れた合成皮革でメイン部分はブランノーブと呼ばれる最新のファブリック素材が使われています。

カスタマイズ

GRはエアロパーツ、インテリアパーツだけではなくプラットフォームもカスタマイズ済みです。

実際に運転してみないことには体感できませんので、違いを知りたい方はぜひトヨタのディーラー(取り扱いはネッツ店)へ足を運んでみましょう!

grヴォクシーの裏側
  1. フロントサスペンションメンバーブレース
  2. フロントサスペンションメンバーセンターブレース
  3. リヤサスペンションブレースアッパー
  4. リヤサスペンションセンターブレース
  5. リヤサスペンションリヤブレースロア
  6. センターフロアブレースNo.1
  7. センターフロアブレースブラケット
  8. センターフロアブレースNo.2
  9. フロントブレーススパッツ
  10. フロントホイールハウス後端スパッツ
  11. リヤ床下スパッツ

車高もローダウン済み

ヴォクシーGRでは専用サスペンションを採用することで通常モデルよりもフロントで20mm、リアで25mmも車高が低くなっています。

grヴォクシーのサスペンション

フロント20mm、リヤ25mmのローダウンにより重心が下がった車両を支えるサスペンションまわりは、バネ定数アップやアブソーバー減衰力を徹底的にチューニング。路面の凹凸を気持ち良く吸収しながら、上質でフラットな乗り心地、より楽しめるハンドリングを提供します。

出典:http://toyotagazooracing.com/jp/gr/grsvoxy/performance/

その他、走行に関する特別な装備は以下のようになっています。

  • 専用スポーツブレーキパッド
  • 専用サブマフラー(サウンドチューニング)
  • 専用チューニング電動パワーステアリング

エンジンスペック

GRではほぼ全ての面でカスタマイズが施されていますが、唯一⁉変わっていないのがエンジンスペックです。

コンピューターチューニングがされたりターボが付いたりといったこと残念ながらありません。

通常のNA4気筒エンジンで馬力もトルクも通常モデルと同じ数値となっています。

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1986cc
  • 自動車税:39,500円
  • 最高出力:152ps(112kW)/6100rpm
  • 最大トルク:19.7kg・m(193N・m)/3800rpm
  • JC08燃費:14.8km/l

駆動方式はFF(前輪駆動)のみで4WDは選択することができません。

ボディサイズとカラーバリエーション

GRのボディサイズは以下のようになっており、乗車定員は7名のみで8名のラインナップはありません。

  • 全長×車幅×車高:4795×1735×1810
  • ホイールベース:2850mm
  • 乗車定員:7名

GRでもカラーバリエーションは5色あります。

ただ白を除いてほぼすべてが暗い色となるのが、少し物足りないかもしれませんね。

スポーツモデルだからといって真っ赤な色はありません(笑)

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • シルバーメタリック
  • ブラック
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • イナズマスパーキングブラックガラスフレーク

黒白シルバー以外で唯一のボディーカラーであるブラッキッシュアゲハガラスフレークは青のような緑のようなターコイズのような不思議な色です。

光の当たり加減によって様々な表情を見せるオシャレカラー。

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

価格は325万円

『ヴォクシーZS GRスポーツ』はベースとなるグレードがZSということで、通常のZSの価格も紹介します。

  • ZS:2,745,360円
  • ZS GRスポーツ:3,257,280円

価格差としては約50万高くなります。

ただGRだとエアロ、インテリア、ホイールなどが含まれていますし、他に必要なオプションとしてはカーナビぐらいはものです。

ZSとの検討はオプションパーツも込みで比較してみてください。

※ヴォクシーをネットから気軽に見積&購入する方法

最後に値引きが難しい人気車種「ヴォクシー」を日本一お得に買える方法を紹介!

ネットから気軽に新車見積もりを取れる「オートックワン」というサービスを使うことで、ディーラーに行かなくても見積もり金額を把握でき交渉材料とすることができます。

またネット上のやり取りで価格交渉も可能なので、対面で営業マンと話すのが苦手な方におすすめ。

ただネットからの新車見積&購入サービスということで抵抗感があるかもしれませんが、トヨタのディーラーで正規保証&アフターサービスも同様に受けられますし、以下のように安心安全のサービスでディーラーから購入するのに比べてデメリットはありません。

  • ネットから気軽に見積もりを取れる
  • 入力はカンタン1分
  • 見積後の価格交渉も可能
  • 全国4000店舗以上のディーラーが加盟
  • 新車保証、アフターサービスもディーラー購入と同様に受けられます

もちろんボディカラー・グレード・オプション(モデリスタやTRDパッケージ)もあなたの思い通りに自由に選べますし、支払い方法に関しても一括~最大120回のローンまであなたのプラン通りに組むことができます。

少しでも安くヴォクシーを購入したい、営業マンとのやり取り無く見積を取りたいという方は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】新車見積オートックワン を利用してみて下さい!利用に必要な情報は以下のカンタンな項目です。

  1. お名前
  2. メールアドレス
  3. 電話番号
  4. 都道府県
  5. 希望するグレードやオプション(任意項目なので分かる範囲だけでOK)


⇒人気車種ヴォクシーの見積が気軽に取れる【オートックワン】はコチラから

ディーラーでの見積と違う点を挙げるとするのであれば、最初の入口がインターネット経由ということぐらいです。

今の時代、どんなサービスや商品であっても「インターネットからお問い合わせ下さい」というのが当たり前になっていますが、これが車販売にも対応してきたということですね。

購入後のオイル交換・定期メンテナンス・車検もあなたがお住いの地域の近くにあるトヨタの正規ディーラーで行えますし、少しでも興味のある方は気軽に依頼をしてみてはどうでしょうか?

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

ヴォクシーgrのフロント画像