デュアルクラッチのメリット・デメリットを分かり易く解説!外車に多い!

デュアルクラッチ DCTの メリット デメリットを 紹介!
スポンサーリンク

外車での採用率が多いギア変速の方式といえばDCT(Dual clutch transmission・デュアルクラッチトランスミッション)ですね。

今回はDCTの構造など難しい話は置いておいて、実際にDCT車を所有して、運転するときのメリットデメリットを中心に分かりやすく解説していきます!

外車の購入を考えている人に、参考にしていただければ幸いです。

世界車メーカー別故障率ランキング!ポルシェが最も壊れない!

2016.02.20

DCTはAT限定免許で運転できる

まず基本的なことから!車に興味が無い方でも、ご存知かと思いますが、車には大きく分けて2種類の変速の方式があります。

  • AT(オートマチックトランスミッション)・・・自動でギアが変速する。
  • MT(マニュアルトランスミッション)  ・・・人間の手でギアを変える必要がある。

日本ではAT限定という免許があるように、この2つは全くの別物と言えるでしょう。

では、DCTはどちらに属するのかというと自動車免許的に言えばAT車ですね。

構造的にはMTのほうに近いんですが自動的に変速してくれるので、AT限定の免許で運転することができます。

DCTの名称をまとめ!DSG・Sトロニック・PDKの他にも色々!

2016.02.11

またデュアルクラッチという機構は同じですが、各メーカーによってオリジナルの名称を付けています。

  • ポルシェ:PDK・ポルシェドッペルクップルング
  • アウディ:S-tronic・エストロニック
  • フォルクスワーゲン:DSG・ダイレククトシフトギアボックス

などなど

DCT車のメリット

ギアの変速スピードが速い

DCT(デュアルクラッチ)というのは文字通り、通常は1枚のクラッチ板が2枚付いています。

1速で1枚目のクラッチが繋がっているときには、すぐに2速に変速できるように2枚目のクラッチが待機している状態となっています。

この構造を利用することで、1速から2速へのタイムラグをほとんど感じること無く、変速を行うことができます。

もちろん変速時のショックもほとんど感じることはありません!

例として日産の2007年式のGT-Rで各ギア間の変速スピードは0.2秒!もう10年近く前の車でこのスピード!そして現在の車は、どのくらい速くなったかというと・・・

フェラーリ・F430スクーデリアがなんと0.06秒という驚愕のタイムを叩きだしています!ここまでくると、もはやギアが変わったかどうかも分からないレベルかもしれません。。。

フェラーリF430の変速スピードは0.06秒!

フェラーリF430の変速スピードは0.06秒!

カンレン⇒イタリア車はやっぱり故障しやすい!?

加速が良い

ギアの切り替えが早い=加速も良くなります。

フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェといった、本格的なスポーツカーを製造するメーカーまでもがDCTに力を入れているのは、人間の手で操作するマニュアルよりも加速が良いからです!

プロのドライバーであっても今のDCTの速さには太刀打ちできません。

BMWもハイパフォーマンスモデルであるMになると、ATからDCTになる車種もありますしね。

エネルギー効率が良い

国産に多い通常のトルクコンバータ式、CVT式のAT車だとエンジン出力の70~80%しかタイヤに伝えることができませんが、クラッチでダイレクトにエンジン出力を伝えることができるDCT車は、MT車と同じく95%以上のエネルギー効率を誇ります。

よくオートマよりマニュアルのほうが燃費が良いと言われる所以ですね。

DCT車もクラッチが2枚あって自動的に変速してくれるというだけで、基本的にはマニュアル車ですから同等の効率と高燃費を得ることができます。

マニュアルトランスミッションの構造を2つのクラッチによって自動変速化したDCTは、優れた伝達効率やダイレクト感の
ある加速など、マニュアルトランスミッションの利点をそのまま備えています。このDCTとモーターを組み合わせ、モーター
をトランスミッション末端に配置。DCTクラッチがエンジンとモーターの接続・切断を兼ねる構造としました。また、ギア
構造を工夫することで全長を短く抑えながら7速化を実現しています。

出典:http://www.honda.co.jp/factbook/auto/fit/201309/p25.pdf

DCTのデメリット

構造が複雑で高価

ここまで良い所ばかりのDCTですが、その分構造は複雑で他のトランスミッションより高価になります。

例としてあげると外車の中で比較的低価格で買える車種はDCTでなく、シングルクラッチの自動変速機を採用しています。

  • フォルクスワーゲン:up!
  • フィアット:500
  • プジョー:208 などなど

単純に大きいし重くなるということで、コンパクトカーでDCTが採用されていることは少ないですね。

世界車メーカー別故障率ランキング!ポルシェが最も壊れない!

2016.02.20

こちらは車両本体の壊れやすさランキングの記事。

修理費用が高くなる

毎回の変速で2枚のクラッチを使用するわけではないので、クラッチ交換頻度が多い!とかは無いですけど、やはり壊れたときの修理費用は高額になります。

外車ということで仕方ないか。。。と思うと心も落ち着くかもしれません。外車を乗るうえでの宿命だと思いましょう。

DCTも採用されて10年以上が経過して信頼性も向上しているので、必要以上に故障を恐れる必要はありませんけどね。

まあトルクコンバータ式のATでも壊れたら、かなりの費用が飛んでいくので、DCTだけが特別に高額ってわけではありません!

DCTのまとめ

以上のことを簡単にまとめていきます。

  • 変速スピードが速く、加速が良い
  • エンジン出力の損失が少なく、燃費も良い
  • 構造が複雑なため、故障したときの修理費用は高くなる(シングルクラッチ車に比べて)

デメリットも無いわけではありませんが、現在、最も理想的なトランスミッションと言われるDCT!国産車での採用も増えてきましたが、やはり昔から採用が多い輸入車でDCTを体感してみたほうがいいかもしれません。

CVTから乗り換えると運転の楽しさを再確認することができるでしょう。

DCT車を買うならパドルシフトを付けるべき!

最後に個人的な意見となりますが、DCTの凄さはパドルシフトがあって初めて本当に分かると思います!

カーブを抜けて、いざストレートへ!という場面でパドルシフトでパパンッ!とシフトダウンして、加速していく気持ちよさは味わったことのある人にしか分からない楽しさがあります。

グレードによっては最初から付いている車も増えてきていますが、もしパドルが付いて無かったら、オプションで付けることができますので、ぜひご検討をしてみてはいかがでしょうか!?毎日の運転が楽しくなることは間違いなしです。


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

デュアルクラッチ DCTの メリット デメリットを 紹介!