20代で車を買うなら値段は180万円まで!理由と車種紹介!

20代の車選びと値段
スポンサーリンク

20代と言っても学生の人もいれば、バリバリ社会人として働いている人もいるので、一概にまとめることはできませんが多くの人が車を欲しいと思う年代です。

免許取得後すぐに親に買ってもらったという人もいると思いますが、、、

今回は20代で車を始めて購入する人に向けて、平均的なお給料から無理なく買える値段や維持費の話、車選びのポイント、お勧めの車種や安く買うコツを紹介していきます。

独身だと自由に車も選べますし、外車も意外と買えてしまうものなのです!

20代で車購入!お金の話、オススメ車種、値段まとめ

年収300万円前後として考える

車を買うには何はともあれ「お金」が必要なのでカンタンにお金の話から始めていきます(x_x;)日本の平均年収が約450万と言われる中で20代では以下のようになっているので、この数字を基にして当ページでは解説していきます。

20代前半

  • 男性:約270万円
  • 女性:約230万円

手取りで1ヶ月、14万~18万円になります。

20代後半

  • 男性:約370万円
  • 女性:約300万円

手取りで1ヶ月、16~22万程度になります。

180万円までとした理由

20代の平均的な給料からすると車の価格としては180万円が上限なのかなと思います。

180万円の車を探すようにすると諸経費等を入れても200万で収まりますし、値引き交渉をする際にも全てコミコミ200万以下になりませんか?と切り出し易いというメリットもあります。

3年、5年ローンで考える

100万以上を一括で払える人は悩む必要はありませんが、多くの人が頭金+ローンという形で支払いを行っていきます。

例としてトータル180万円の車を頭金30万円入れて、残りの150万円をローンで払う場合だと毎月どのぐらいのお金が必要なのでしょうか?

  • 150万円を3年(36ヶ月)で支払う
  • 金利は3%として考える
  • ボーナスは年2回

このような支払い計画の場合、月々の返済額は以下のようになります。

  • 26,173円/毎月
  • 131,488円/ボーナス月(年2回)
5年の場合

  • 16,172円/毎月
  • 81,233円/ボーナス月(年2回)

この金額であれば実家暮らしをしている方であれば、無理なく払っていけるのではないでしょうか?

1人暮らしをしている方だと家賃、駐車場代も考慮しなければなりませんが、コミコミ120万程度の車を狙えば毎月13,000円以下、ボーナス月70,000円以下となります。

180万出せば買える車種って何があるの?

中古だと外車も買えちゃう

次に180万円の予算を組んだときに変える車についてですが、新車となるとかなり数は限られて軽自動車orコンパクトハッチバックのほぼ2択になります。

ただ中古車まで選択肢を広げると、ほとんどの車種やタイプが買えます。

ナビクルで買える中古車

女子にモテル車ナンバー1のBMWもギリギリ手が届きます。

流行りのSUVは国産車であればかなりお値打ちに買うことができます。

ポルシェのカイエンも170万~というのが!流石に現行タイプのカイエンではありませんが、このように輸入車は型落ちしてしまうと一気に中古車市場での価値は下がる傾向にあるので、古いモデルでもかまわない!という方にとってはお買い得となっています。

世界車メーカー別故障率ランキング!ポルシェが最も壊れない!

2016.02.20

保証付きの中古車を探そう

もちろん中古車となると心配なのが故障や維持費といった問題ですが、最近では中古車であっても新車と同等の保証が付くケースが増えているので、しっかりと保証の有無さえ把握していれば心配する必要はありません。

中古車検索サービスである「なびくる+」では以下のような保証を付けて、あなたの条件にあったピッタリの車を全国から探しだしてくれますので、購入を考えている方は気軽に利用してみてはどうでしょうか?

  • 修復歴なし
  • 返品OK
  • 最長10年保証
  • 利用料金は無料


→中古車検索サービス「なびくる+」はコチラから

カンタンな比較

中古車でも保証が付いて安心とはいっても、絶対に新車じゃなきゃ嫌だ!という人もいれば、中古車でも全然OK!という人もいるので、あなたの気持ちで決めるのがベストですが、ここではカンタンにそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

新車のメリット

  • 新車だから内装も外装もピカピカ
  • 最新技術が付いている
  • 好きなオプションやグレードを選択できる
  • 保証が付いて故障の心配が少ない

新車のデメリット

  • 価格が高い
  • 好きな車が買えない(旧モデルなど)
  • 納車に日数が掛かる
  • 少しでも傷がつくと凄く落ち込む

中古車のメリット

  • 安く買える
  • 外車でも手が届く
  • 最近は中古でも保証は付く
  • 傷がついてもそこまで落ち込まない

中古車のデメリット

  • 綺麗さは前オーナー次第
  • 目に見えないこしょう
  • 車両状態が分かりにくい
  • 相場が分かりにくい


→中古車検索サービス「なびくる+」はコチラから

維持費は燃費と排気量を考えよう

そして車を買ったら気になるのが維持費ですが、燃費と排気量で大きく変わってきます。

燃費はカタログ値で15km/L以上は欲しい

燃費というのはカタログ値と実際の値が合わないのが実情ですが、カタログ値で15km/L以上あれば1リットルで10km程度は走ってくれます。

もちろん荒い運転、回転数を上げまくったりすると見る見るうちに悪くなりますが、、、燃費のためだけではなく交通事故を防ぐためにも法定速度内で安全運転を心掛けましょう。

自動車税は財布から出ていく

自賠責保険料、重量税というのは車検のときにまとめて払うので、あまり手痛さを感じませんが、自動車税というのは毎年4月~5月にかけて支払わなければなりません。

銀行引き落としなどの制度もないので、多くの人が財布に現金を持ってコンビニなどで払います。

そんなダイレクトに家計に響く自動車税は既にご存知かと思いますが、排気量によって以下のように定められています。

  • 660cc(軽自動車):10,800円
  • 1000cc以下:29,500円
  • 1001cc以上~1500cc以下:34,500円
  • 1501cc以上~2000cc以下:39,500円
  • 2001cc以上~2500cc以下:45,000円
  • 2501cc以上~3000cc以下:51,000円
  • 3001cc以上~3500cc以下:58,000円

このあとも4000cc、5000cc、6000ccと続きますが、流石に20代でV12気筒や4000ccエンジンの車を買う人はいないと思うので割愛します。

無理をすると人生が。

お金を自由に使えるうちだからこそ好きな車に高い金を払ってでも乗るべき!という意見もありますが、基本的には生活に支障が出ない範囲の金額で買える車をオススメします。

生活あってこその車ですからね!

車こそ生活の全てだ!という人もいるとは思いますが、、、


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

20代の車選びと値段