流れるウインカー(シーケンシャル)の車種まとめ!純正で車検対応。

流れるウインカーの車種
スポンサーリンク

日本では2014年10月から認められている流れるウインカーことシーケンシャルウインカーですが、最近は標準装備・オプションとしてラインナップされる車種が増えています。

そこで今回は流れるウインカーを純正で付けることができる車種をまとめていきます!

DIYや改造ではないので安心して付けられますし、純正なら質も高く故障の心配もほとんど無いですし車検を通らないといった心配もなくオススメ。

トヨタ

ハリアー

トヨタのハリアー

トヨタの3代目・60系ハリアーの後期モデル(2017年6月8日~)ではベースグレードのエレガンス(ガソリン・ハイブリッド)を除いたグレードでLEDシーケンシャルウインカーが標準装備されます。

エレガンスでもターボモデルでは流れます。

  • エレガンス:ガソリン・ハイブリッド:×
  • エレガンス:ターボ:○
  • プレミアム:○
  • プログレス:○

動画はコチラ。

残念ながらリアウインカーは流れませんが社外品であれば付けることができます。

  • エレガンスターボ
  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:231ps(170kW)/5200~5600rpm
  • 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1650~4000rpm
  • 燃費:12.8km/l
  • 価格:3,574,800円

C-HR

ツートンのメタルストリームメタリック

 

トヨタで初めてシーケンシャルウインカーが採用されたのがC-HRです。

発売当初はオプション装備で上級グレードであるG、G-Tにしか付けることができませんでしたが、2017年11月2日から発売されている特別仕様車「LEDエディション」では全グレードで標準装備です!

流れるウインカーを付けたいならLEDエディションが間違いなくお得です。

CHRのLEDエディション!特別仕様車の内容、変更点、値段まとめ。

2017.11.04

ハリアーと同じくフロントランプのみが流れます。

リアを流したいならやはり社外品は必須。

  • G・LEDエディション
  • エンジン:直列4気筒+モーター
  • 総排気量:1797cc
  • 最高出力:98ps(72kW)/5200rpm
  • 最大トルク:14.5kg・m(142N・m)/3600rpm
  • 燃費:30.2km/l
  • 価格:2,929,200円

新型クラウン

クラウンコンセプト

トヨタの新型クラウンは流れるウインカーになる確率は高いです。

東京モーターショーで発表されたクラウンコンセプトが流れていましたからね。

新型クラウンは2018年夏に発売!フルモデルチェンジ最新情報まとめ!

2017.06.19

レクサス

NX

レクサスnx

レクサスはSUV車種を中心に採用が増えています。

NXでは2017年9月14日のマイナーチェンジ後から全グレードでウインカーランプがフロント&リアともにシーケンシャル化されています。

トヨタブランドではフロントだけでしたがレクサスではリアも!

差別化の1つでしょうか?

リアの流れる範囲というか長さが短いのが気になるところですが、、、

  • NX300 バージョンL
  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:238ps(175kW)/4800~5600rpm
  • 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1650~4000rpm
  • 燃費:13.0km/l
  • 価格:5,060,000円

RX

レクサスrx

レクサスRXは日本車として初めてシーケンシャルターンランプが採用された車種です。

グレードはバージョンLとFスポーツに限られることに注意。

ただ2017年12月に追加されたRX450hL(3列シート)では標準装備。

  • RX450h Fスポーツ
  • エンジン:V型6気筒+モーター
  • 総排気量:3456cc
  • 最高出力:262ps(193kW)/6000rpm
  • 最大トルク:34.2kg・m(335N・m)/4600rpm
  • 燃費:18.2km/l
  • 価格:7,436,000円

LX

レクサスlx

レクサスのフラッグシップSUV、ランドクルーザーのレクサス版ことLXも、もちろんシーケンシャルウインカーを装備しています。

LXはLX570の1グレードのみなので全グレード標準装備!

リアはコチラ

  • LX570
  • エンジン:V型8気筒
  • 総排気量:5662cc
  • 最高出力:377ps(277kW)/5600rpm
  • 最大トルク:54.5kg・m(534N・m)/3200rpm
  • 燃費:6.5km/l
  • 価格:11,150,000円

LS

レクサスのls500

レクサスの5代目LS500、LS500hでは前後ともにLEDシーケンシャルランプが標準装備です。

フラッグシップセダンということで光り方もボケが少なく綺麗ですね。

  • LS500エクゼクティブ
  • エンジン:V型6気筒+ツインターボ
  • 総排気量:3444cc
  • 最高出力:422ps(310kW)/6000rpm
  • 最大トルク:61.2kg・m(600N・m)/1600~4800rpm
  • 燃費:10.2km/l
  • 価格:15,000,000円

ホンダ

N-BOXカスタム

 

nboxカスタム

ホンダの人気軽自動車のN-BOXカスタムではフロントが流れます。

軽自動車としては初めて採用された車種ということで注目を集めていますね。

  • G・EXターボホンダセンシング
  • エンジン:直列3気筒+ターボ
  • 総排気量:658cc
  • 最高出力:64ps(47kW)/6000rpm
  • 最大トルク:10.6kg・m(104N・m)/2600rpm
  • 燃費:23.0km/l
  • 価格:2,080,080円

メルセデスベンツ

AMG・GT

メルセデスamggt

メルセデスAMGブランドから発売されているメルセデスAMG・GTではリアにダイナミックターンシグナルを採用!

ただでさえ目立つ車種ですから街中での注目度はかなりのもの!

  • ベースグレード
  • エンジン:V型8気筒+ツインターボ
  • 総排気量:3982cc
  • 最高出力:476ps(350kW)/6000rpm
  • 最大トルク:64.2kg・m(630N・m)/1700~5000rpm
  • 燃費:9.3km/l
  • 価格:16,900,000円

アウディ

A4

アウディのa4

アウディはレクサスと並んで流れるウインカーの採用が多いブランドですね。

  • 2.0TFSI クワトロスポーツ
  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1984cc
  • 最高出力:252ps(185kW)/5000~6000rpm
  • 最大トルク:37.7kg・m(370N・m)/1600~4500rpm
  • 燃費:15.5km/l
  • 価格:6,240,000円

Q3

アウディq3

コンパクトSUVのQ3ではリアのみ。

リアテールランプ中心を細いLEDウインカーが流れてとっても綺麗。

  • 2.0TFSI 220ps
  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1984cc
  • 最高出力:220ps(162kW)/4500~6200rpm
  • 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1500~4400rpm
  • 燃費:14.9km/l
  • 価格:5,390,000円

R8

audiのr8

アウディが誇るスーパー&スポーツカーR8。

外車スポーツカーのランキング!カッコイイ14車種まとめ!

2017.08.25

  • V10プラスクーペ5.2FSIクワトロ
  • エンジン:V型10気筒
  • 総排気量:5204cc
  • 最高出力:610ps(449kW)/8250rpm
  • 最大トルク:57.1kg・m(560N・m)/6500rpm
  • 価格:29,060,000円

フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンの車種では追加メーターやスロコンメーカーとして有名なPIVOTからシーケンシャルウインカーコントローラーという商品を付けることで、流れるウインカーにすることができます。

動画は同グループのアウディ車種、そしてフォルクスワーゲンのゴルフへと続きます。

道路運送車両法の保安基準適合品なので車検も通りますし安心安全です。

ただ対応車種がゴルフⅦのRとGTIだけですが、、、

BMW

BMWでも同じくPIVOTから発売されている商品で流すことが可能です。

対応車種は3シリーズ LCIモデル (F30 / F31)、4シリーズ LCIモデル (F32 / F33 / F36)と少ないですが、興味のある方は検討してみてください!

これからも増えるでしょう

シーケンシャルウインカーはまだ採用車種は少ないですが、今後も続々と増えていきます。

採用するブランドや新型車種が分かり次第、当記事も更新をしていきます!

車を乗り換えたい方へ!

私は車を乗り換えたいときや車検前には無料一括査定サイトを利用して買い取り相場を調べています。

ネットの一括査定を使うと簡単に相場額を調べることができますし、ディーラーの査定額より高く買い取ってくれますからね!

私のキューブの場合だとディーラーより「20万円」も高くなりました。

より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でもビックリするほど高く売れることが分かって買替を検討する人が多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売って乗り換えたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?


⇒愛車の相場を調べるにはココから

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!8月はボーナス商戦中で1年の中でも高額査定が期待できる時期です!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

流れるウインカーの車種