嫁に車購入を反対されたときの交渉方法5選!旦那さん必見!?

お嫁さんと車
スポンサーリンク

結婚している車好きの男性にとっての大きな悩みといえば、気軽に車を買い替えられないことなのではないでしょうか!?

この理由は言うまでもありませんが

  • 嫁に言い出せない
  • 嫁の許可がでない
  • 嫁に車って言った時点で無視される

などなどお嫁さんの反対によるものが大きいですね(なく)

そこで今回はお嫁さんが車購入に反対する理由+相手に車購入の許可をもらう交渉方法5つを紹介していきます!

最終的なポイントとしては金銭的なメリットで攻めるということです。

女性が車を買うのに反対する理由とは

無駄で意味がないから

今の愛車にお嫁さんが特に不満を持っていない場合に、車の買い替えを切り出したところで

  • はい、無駄。
  • なんの意味があるの?
  • あなたが欲しいだけでしょ?

と冷たい言葉を浴びせられてしまうことでしょう。。。別にわざと冷たく対応しているわけではなくて、これが本心なのです。

あなたもお嫁さんが新しいブランド物のバッグを欲しがったとしたら、同じく無駄だしイラナイじゃん。。。と思いますよね。

車を買い替えれば格好良くなったり、バッグを買えばお洒落になるというのはありますが、結局お互いの自己満足にすぎないのです。

お金が無いから

車購入を切り出して最も悲しいのはお金がないからという正論・事実で返されてしまったときですね。

車を買い替えたいんだけど
お金ないでしょ!もっと仕事頑張りなさいよ!

あなた自身の計算では車を買っても全然問題なし!と思っても実際に家計管理しているお嫁さんからすると「何言ってんの、この人」となるのは仕方がありません。

メリットが無いから断られる

無駄と言われたにせよ、お金が無いからと言われたにせよ結局は買い替える意味がないから断られてしまいます。

ということで車を買い替えたいのであれば、次の車にすることでお嫁さん自身やお子さん、家計にも良いメリットがあるとということを伝えていきましょう!

車選びに迷う人

奥さんに車購入の許可をもらう方法5選

女性に優しい便利機能を伝える

車を買い替えることで新しく便利な機能が付くということを、武器にするのも1つの手です。

  • 小さな子供がいるのであればスライドドア
  • 駐車が苦手なお嫁さんであれば自動駐車機能
  • 冷え性の女性にはシートヒーター
  • 日焼けを嫌うのであればUVカットガラス

などなど自分自身ではなく、お嫁さんにとって良いことだけを言ってください!

ここで1つでもあなたにとっての良いことを言ってしまうと、

結局その理由で欲しいだけでしょ!?ダメ!

と反撃の隙を与えてしまいますので言わない様にしてくださいね。

  • 馬力が上がる
  • デザインがかっこいい
  • 加速力が凄い
  • ターボが付く

このような走りの性能・スペック的なことは隠しておきましょう(笑)墓穴を掘ることになります。

最近はダウンサイジングターボが低燃費技術として注目されていますが、車に詳しくない人にとってはターボという言葉だけでも走り屋とか低燃費のイメージが強くて無条件に拒否反応を示されますので言ってはいけない言葉の1つです。。。

燃費が良くなる

ありきたりな理由ですが燃費が良くなるということを伝えて損はないですし、カタログ燃費を2倍にすることができれば単純に毎月のガソリン代が半額になるよ!と大きなアピールが可能です。

ガソリンカーからハイブリッドカーにするだけで2倍にすることはカンタンですので、欲しい車種にHVがあるのであれば是非狙いましょう。

また欲しいグレードのカタログ燃費ではなくて、その車種の中で最もよい燃費をいうのも1つの手段です。。。

自動車税が安くなる

毎年5月に払う自動車税というのは意外と家計を握る女性は男性以上に痛手に感じています。

軽自動車でも現在は10,800円、普通車であれば最低でも29,500円が飛んでいくわけですからね。

子供を持つご家庭で多い軽自動車+ミニバン(1500cc~2000cc)の場合は合計で50,3000円となり、5月は貯金ができない(´;ω;`)ウゥゥと嘆いているお嫁さんも。。。

これを利用できるのは大きな排気量の車から流行りのダウンサイジングターボなど低排気量の車に乗り換えたいときだけですが、5,000円だけなど小さな額でも低燃費化なども合わせることで有効に使えます。

中古車に買い替えたいという

今、新車にお乗りの方でオススメなのが中古車に買い替えたいうという切り口から交渉することです。

中古車に買い替えたいんだけど。。。
えっ!なんで!(中古車って、、、家計を気にしてくれてるのかな?)

というように中古車というだけでお嫁さんに対しての気づかいや優しさを与えることができますからね。

最近は国産車、輸入車ともに新車同様の保証がつく認定中古車なども増えていますし、何より価格が安くお嫁さん相手の交渉材料としてはかなり優秀です。

新車しか目を向けてこなかった人でも中古車という選択肢も考えてみてはいかがでしょうか?

女性は「新車」という言葉だけで拒否反応を起こす人もいるので、「中古車」というキーワードは効果的です!

中古車を探すときには専門の検索サービスである「なびくる+」を使うことで予算、年式、走行距離、グレード、限定車などの希望にあった1台を非公開車両も含めて探してもらえます。

  • 最長10年保証&修復歴なし
  • 国産車だけでなく輸入車にも対応
  • 返品もOK

などなど新車同様の条件で買うことができるので、新車に拘らないという方はぜひ利用してみて下さい。

きっとあなたにピッタリの1台を見つけることができるでしょう!


⇒【無料】中古車検索サービス「なびくる+」はココから

車検に掛かる費用と愛車の買取金額を伝える

嫁さんに車購入を言い出すタイミングとしてベストなのは、やはり車検が近い時期ですね。

車検通すのに10万~20万ぐらい掛かりそうだし、その前に買い替えた方が得だよ?

というだけではちょっと弱いので、今の愛車の買取金額も付け加えると良いでしょう。

愛車の買取金額はディーラーで査定してもらうかネットから依頼できる一括査定サービス「車査定比較.com」で調べることができます。

ディーラーというのは車を売るのが仕事であって高額買取をしてくれるわけではありませんので、ネット査定のほうが平均して16万円も高く評価をしてくれます。

いずれにせよ愛車の買い取り額を知らない場合には、ぜひ調べてみてください!

もう年式も古いし50万ぐらいだろう、、、と思っていたのがネット査定だと100万で買い取ってくれることが分かったということも良くあるパターンです。

車検通すと15万ぐらい掛って無駄になるし、今○○(車種名)を売ると100万円になるんだよ!1ヶ月も経つと90万で3ヶ月もたつと60万でしか売れないみたいだけど。。。
へぇ~はやく売って買い替えた方が得かな?
もちろんだよ!はやく次の車は燃費も良くなるし税金も安くなるしね!
ん~そういうことなら許してあげる!

理想の流れとしてはこのような感じですね。

メリットを1つだけでなく2つ3つと重ねて買い替えないと損するよ!ということを伝えていきましょう。


⇒【無料】車査定比較.comはコチラから

家族とお金のためにということが大事

最後に車購入の許可を得るためのポイントのまとめです。

  • 維持費や燃費が安くなる
  • 子供やお嫁さんにとって便利な機能が付く
  • 今の車を高く売れる内に売ったほうがお得
  • 中古車でも構わないよと謙虚な姿勢を見せる
  • 自分にしかメリットの無いことは言わない(エンジンスペックなど)

買い替える理由をとにかく家族第一(お嫁さん&子供)として交渉をしてみると効果的です。

しっかりと家族の今後のことも考えたうえで、車を買い替えたほうがお得だよ!メリットあるよ!という視点からお嫁さんを説得にかかりましょう!

またこの記事を読んでくれた独身の方は、独り身の内に欲しい車を買ってしまうことをオススメします。

夫婦となってから好きな車を買うのは凄く大変なことですので。。。


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!10月は年末に向けて買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

スポンサーリンク

“あなた”にオススメの記事



お嫁さんと車