SUV外車ランキング!おすすめ&かっこいい15選を紹介!

レンジローヴァーイヴォーク
スポンサーリンク

現在は日本だけで無く世界的にSUVブームです!

今まではセダン、スポーツカーしか製造してこなかったメーカーもSUV車種を投入するなど熾烈な競争を繰り広げています。

そこで今回はSUVの中でも輸入車に絞っておすすめ車種15選を紹介していきます。

※スペックはベースグレードを表記

輸入車ということで故障が心配な方は、以下の記事も宜しければご覧ください。

世界車メーカー別故障率ランキング!ポルシェが最も壊れない!

2016.02.20

車の電気系統故障ランキング!外車は故障しやすく修理費用も高い!

2016.10.27

人気SUV車種15選

メルセデスベンツ:GLC

メルセデスベンツのミドルクラスSUVとして人気のGLC。

ディーゼルエンジン、4WD、9速ATなどSUVとして高い走行性能を誇る車です。

駆動方式・FRで2.0L+ターボのガソリンモデルもラインナップされており街乗りに適したグレードも。

メルセデスベンツglc

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4660×1890×1645mm
  • ホイールベース:2875mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:1991cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:184ps(135kW)/5500rpm
  • 最大トルク:30.6kg・m(300N・m)/1200~4000rpm
  • 燃費:13.6km/L
glsクーペのエクステリア

GLCにはクーペモデル、その名もGLCクーペも共に販売されています。

よりスタイリッシュなデザインを求めている方にお勧めです。

メルセデスベンツGLCクーペ!価格、発売日、AMGの総まとめ!

2016.12.31
amgのglcクーペ

メルセデスベンツ:Gクラス

Gクラスことゲレンデヴァーゲンは1979年に発売されて依頼、基本的なデザインはほぼ変わらず生産が続いているロングセラー車種。

それこそ数十年前まではGクラスのようにカクカクしたSUVが主流でしたが、今は流線形やSUVでもクーペ風のデザインがほとんどですね。

日本では芸能人の方に特に人気があり、ベンツの枠を超えて1つのブランドとしても確立された1台。

メルセデスベンツgクラス

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4575×1860×1970mm
  • ホイールベース:2850mm

スペック

  • エンジン:空冷V型6気筒DOHC+ターボ(ディーゼル)
  • 総排気量:2986cc
  • 自動車税:51,000円/年
  • 最高出力:245ps(180kW)/3600rpm
  • 最大トルク:61.2kg・m(600N・m)/1600~2400rpm
  • 燃費:10.3km/L

アウディ:Q2

アウディから2017年4月に発売されたコンパクトSUVであるQ2

外車でSUVというと格好良いけどサイズが大きく日本では扱いにくいのが欠点でしたが、Q2は本当にコンパクト!

懸念材料である車幅も1800mmを切る1795mmということで、女性にも扱いやすいサイズ感となっています。

排気量は999cc!なので自動車税も1年で29,500円と破格の安さで維持費も安くお買い得な車。

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4200×1795×1530mm
  • ホイールベース:2595mm

スペック

  • エンジン:直列3気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:999cc
  • 自動車税:29,500円/年
  • 最高出力:116ps(85kW)/5000~5500rpm
  • 最大トルク:20.4kg・m(200N・m)/2000~3500rpm

価格=2,990,000円

アウディ:Q5

Q5はGLCと同じくミドルサイズのSUV。

アウディと言えば独自の四輪駆動システムであるクワトロで高い人気を集めています。

こちらは日本ではまだ正規輸入販売が開始されていない次期モデルのQ5です。

アウディ新型q5のエクステリア

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4630×1900×1660mm
  • ホイールベース:2810mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:1984cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:224ps(165kW)/4500~6250rpm
  • 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1500~4500rpm

価格=6,270,000円

新型アウディQ5!スペック、内外装デザイン、発売日、価格まとめ!

2017.01.06

新型Q5のフルモデルチェンジ情報は以上の記事にまとめてあります。

新型アウディq5のインテリアパネル

BMW:X2

少し気が早いですがBMWから今後発売予定のX2です。

X1のクーペ版とされる都会的なSUVとして人気が出るのは間違いない1台。

X4、X6のBMWのクロスオーバークーペは充実していますが、どちらも日本の公道では大きいのが欠点ですからね。

bmwの新型車種x2

BMW・X2の最新情報&動画像まとめ!日本は2018発売か

2017.02.12

BMW:X5

GLC、Q5と肩を並べるのがX5。

初代モデルはBMWとして初めてのクロスオーバーSUVとして2000年に発売されました。

ただ詳しく言うとSUVというジャンルではなく、BMWが商標登録した新カテゴリーSAV(Sports Activity Vehicle)に属するようです。

BMWのSUV=SAVと覚えておきましょう!

bmwのx5

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4910×1940×1760mm
  • ホイールベース:2935mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:1997cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:245ps(180kW)/5000rpm
  • 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1250~4800rpm

価格=9,680,000円

ポルシェ・カイエン

ポルシェのカイエンは2002年にブランド初のSUVとして導入され、今では世界的に大ヒットしてブランドの看板車種にまで成長しました。

女性受けも良く所有することができればモテモテになる車でもあります。

ポルシェのカイエン

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4855×1940×1710mm
  • ホイールベース:2895mm

スペック

  • エンジン:直列6気筒DOHC+ツインターボ
  • 総排気量:3598cc
  • 自動車税:66,500円/年
  • 最高出力: 300ps(220kW)/6300rpm
  • 最大トルク:40.8kg・m(400N・m)/3000rpm

価格=8,850,000円

ポルシェ・マカン

カイエンより1周り小さいミドルサイズ版がマカンです。

ただ単にカイエンを小さくしただけでなく、トランスミッションはトルクコンバーター式のティプトロニックSではなく、デュアルクラッチのPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)を採用するなど走行性能の向上がされるなど十分に差別化も図られています。

新車価格も600万円台~と輸入車としてはお手頃価格。

ポルシェのマカン

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4680×1925×1625mm
  • ホイールベース:2805mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:1984cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力: 252ps(185kW)/5000-6800rpm
  • 最大トルク:37.7kg・m(370N・m)/1500~4500rpm

価格=6,850,000円

ランドローバー・レンジローバーイヴォーク

ランドローバーが2009年に発売したイヴォークは、SUVでありながらもクーペ風のデザインを持った斬新な1台として注目を集め、その後現在まで続くSUVクーペ人気を作ったとも言えます。

また量産車としては初めて9速のトルコン式ATを採用したことでも話題となりました。

レンジローヴァーイヴォーク

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高: 4355×1900×1635mm
  • ホイールベース:2660mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:1984cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力: 240ps(177kW)/5500rpm
  • 最大トルク:34.7kg・m(340N・m)/1750rpm

価格=5,020,000円

ランドローバー・レンジローバーヴェラール

ランドローバーから今後発売予定のレンジローバーヴェラールもイヴォークと並び革命的なSUVとなりそうです。

もちろんオフロードでも走れる走行性能を持っていますが、高級感&プレミアム感を前面に押し出した都会派な車種。

日本での発売は未定ですが、今後注目が集まることは間違いなしの1台。

ヴェラールの斜め前

レンジローバー「ヴェラール」発売日・価格・内外装を総まとめ!

2017.04.29

ジャガー・Fペース

ブランド初のクロスオーバー車種として登場したのがFペース。

会社としては同一のランドローバーとの共同開発車種なので、ジャガー初とは言ってもSUVとしての性能はピカイチ。

ジャガーお得意のアルミメインのボディで軽量化が図られており、ディーゼルエンジンで燃費も良好です。

ジャガーfペース

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4740×1935×1665mm
  • ホイールベース:2875mm

スペック

  • エンジン:水冷4気筒DOHC+ターボ(ディーゼル)
  • 総排気量:1999cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力: 180ps(132kW)/4000rpm
  • 最大トルク:43.9kg・m(430N・m)/1750~2500rpm

価格=6,390,000円

ボルボ・XC40

ボルボが今後、予定しているXC40はコンパクトモデルとして発売されます。

アウディQ2のライバルとなりそうな1台。

輸入車クロスオーバーの欠点としては、やはり狭い日本の道路で使うには大きすぎるということ!

この大きなデメリットを解消できるコンパクトモデルは増えていきそうです。

ボルボのxc40

ボルボXC40の最新画像&日本発売は2018年か!オシャレSUV!

2017.03.25

ボルボ・XC60

画像は次期モデルの新型XC60。

日本では車だけではなく北欧家具・インテリアが大人気!

新型xc60の外装デザイン

内装も艶消しのウッドパネルを採用するなどオシャレです。

新型xc60のインテリア

ボルボ新型XC60・2017年発売で値段は600万!最新まとめ!

2017.03.26

ボルボの値引き法

ボルボディーラーで簡単に値引きを引き出す方法は

↓コチラから!

ボルボ車の値引き方法まとめ!ディーラーで安く買う方法とは!?

2017.09.24

ボルボ・XC90

ボルボのフラッグシップ90シリーズのSUVがXC90!

ボルボxc90

XC90のインテリアはスイッチを極力少なくして、シンプルにまとめられています。

エアコンやオーディオの操作系統は中央の大型タッチスクリーンへ集約化。

ボルボXC90のインテリア

こちらはオプション設定のクリスタルガラスを用いたATセレクター。

クリスタルというとアストンマーチンのイメージですが、ボルボも採用です!

s90のクリスタルatセレクター

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4950×1930×1775mm
  • ホイールベース:2985mm

スペック

  • エンジン:水冷4気筒DOHC+ターボ
  • 総排気量:1968cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力: 254ps(187kW)/5500rpm
  • 最大トルク:35.7kg・m(350N・m)/1500~4800rpm

価格=7,740,000円

 ベントレー・ベンテイガ

高級車ブランドであるベントレーもベンテイガというラグジュアリーSUVを発売しました。

12気筒+ツインターボで600馬力以上を誇るスペックも文句無しの1台。

ベントレーのベンタイガ

手作業、クラフトマンシップで仕上げられたインテリアは他社メーカーとは一線を博します。

ベンタイガのインテリア

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:5150×1995×1755mm
  • ホイールベース:2995mm

スペック

  • エンジン:W型12気筒+ツインターボ
  • 総排気量:5945cc
  • 自動車税:88,800円/年
  • 最高出力: 608ps(447kW)/5250~6000rpm
  • 最大トルク:91.8kg・m(900N・m)/1250~4500rpm

価格=7,740,000円

中古車ならお買い得

憧れの輸入車SUVですがデメリットとしては何といっても価格、そして外車ということで故障や維持費といった問題ですが、近年は中古車であっても新車と同等の保証が付くケースが増えているので、しっかりと保証の有無さえ把握していれば心配する必要はありません。

少しでも安く保証付きで買いたいという方は【無料・スマホOK】なびくる+を利用することをお勧めします。

以下の条件であなたの欲しい車を市場に出ている中古車だけでなく、新古車・非公開車両も含めて探してくれるサービスです。

  • 修復歴なし
  • 返品OK
  • 最長10年保証
  • 利用料金は無料

もちろん輸入車含めて全ブランド・全車種対応です!


→中古車検索サービス「なびくる+」はコチラから


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

レンジローヴァーイヴォーク