ホンダ新型CR-Vの発売日は2018年!デザイン画像など最新情報まとめ

ホンダの新型crv
スポンサーリンク

ホンダが2016年8月まで発売していたSUV「CR-V」が2018年内に日本でも新型モデルとして再復活します!

5代目CR-Vはアメリカなど北米市場では発売されていましたが、日本には導入されていませんでした。

SUV人気が高まるなかでホンダはコンパクトサイズのヴェゼルだけで他社メーカーに比べるとラインナップが物足りないのは事実です。

大型クロスオーバーを担うCR-Vを導入するのは自然な流れですね。

そこで今回は再復活するCR-Vについての最新情報をまとめていきます!

ホンダのハイブリッドSUV車種・CR-Vが日本で復活へ

エクステリア

suvのcrv

エクステリアは正統派のSUVといったところで、あまり奇抜なデザインは見られずきれいにまとまっています。

18インチホイールデザインは独特ですけどね。

参考までにヴェゼルはこちら。

ホンダのヴェゼル

ヴェゼルはピラーに埋め込めれた後部座席のドアハンドルやクーペ風のボディラインがやはり特徴的。

crvのサイド

サイドから見るとヴェゼルとの違いは一目瞭然。

crvのリア

リアのテールランプはブーメラン型、L字型を組み合わせた独特のデザインでフロントよりもインパクトがあります。

crvのリア

上品にまとまっているエクステリアですが物足りない人はエアロパーツやCR-Vの登場に期待しましょう!

インテリア

内装は木目調パネルやソフトタッチ素材&ステッチ入りのダッシュボードを採用するなど高級感のある仕上がりになっています。

センターには大型7インチのタッチスクリーンが配置。

カーナビゲーションのほかオーディオ、Bluetooth、アップルCarPlya、Andoroidオートなど最新デバイスも搭載。

新型crvの内装

内装色も黒・ベージュから選べ、シート素材もファブリック・本革の2つがラインナップされるでしょう。

シートヒーターやパワーシートも装備されます。

crvの内装

メーターパネルも最新車種らしくアナログ式ではなくデジタル液晶ディスプレイを採用

新型crvのハンドル

Apple Car Play

CR-VのセンターディプレイはApple Car Playシステムが利用できます。

  • iPhoneと同じくSiriによる音声コントロール
  • タッチスクリーンによるスクロール操作
  • アップル社のナビアプリをディスプレイ上に出力
  • ハンズフリー通話
  • メッセージアプリとの同期や読み上げ機能
  • iTunesなどミュージックアプリとの連携

などなどiPhoneの機能を車内ディスプレイ&スピーカーと連携することが可能!

crvのタッチディスプレイ

CR-VについているGPSシステムはアメリカのGPS最大手の会社Garmin(ガーミン)社製なので高い位置検出精度を誇ります。

Android Auto

iPhoneユーザーだけではなくアンドロイドユーザーのためにもアンドロイドオートというシステムも利用可能です。

機能的にはほぼ同じですね。

アンドロイドオート

現在、ホンダでは以下の車種でアンドロイドオートに対応しています。

  • アコード
  • シビック
  • クラリティ
  • フリード

ボディサイズ

5代目CR-V・5人乗りモデルのボディサイズは以下の通り。

  • 全長×車幅×車高:4586×1849×1679mm
  • ホイールベース:2660mm

車幅が1849mmと大きいですが長さについては4586mmと割りと短めです。

ただ日本への導入が予定されている7人乗りモデルでは全長が大きくなることが予想されます。

ファブリックシートのcrv

トランスミッション

トランスミッションですが北米仕様向けではCVTと5速ATという2種類。

ヴェゼルのようにデュアルクラッチではありません!

シフトノブはオーソドックスなタイプでエコモードがあるのも確認できます。

新型crvのシフトノブ

グレードは4種類

北米向けCR-Vのグレード展開は4種類。

LX

ベースグレードのLXの装備は以下の通り。

  • CVT
  • ファブリックシート
  • 4スピーカー
  • バックカメラ

EX

LXから1つ上のグレードでは以下の装備が付きます

  • プッシュボタンスタート
  • リモートアクセスキー
  • シートヒーター
  • 運転席12Wayパワーシート
  • 6スピーカー
  • 追従式オートクルーズ

その他、自動ブレーキやなどの安全装備も付きます。

EX-L

crvの本革シート

EXより上はEX-L。

  • 本革シート
  • 助手席4Wayパワーシート
  • 8スピーカー
  • パワーリフトゲート

ツーリング

最上級のツーリングモデル

  • オートワイパー
  • ルーフレール
  • 9スピーカー
  • フット式パワーリフトゲート

動画はツーリングモデルのインプレッション動画です。

音声は英語ですが1つ一つの機能を分かりやすく解説してくれますし、エクステリアやインテリアの全貌も分かるので購入を検討している人は必見です。

安全装備・ホンダセンシング

新型&最新車種として復活するので今や欠かせない安全装備であるホンダセンシングが付くのは間違いありません。

ホンダセンシングは最大9個の安全装備が付くパッケージです。

衝突被害軽減ブレーキ(CMBS)

ミリ波レーダー+カメラのデュアルシステムで前方車両・対向車・歩行者を検知できます。

万が一、衝突の危険性がある場合にはメーター内ディスプレイ表示や警告音でドライバーへ注意を促します。

警告後にドライバーから回避操作が無い場合は車両が自動ブレーキをかけて事故を防ぎます。

歩行者事故低減ステアリング

時速10km/h~40km/hで走行中にレーダー+カメラのデュアル検知システムにより車線逸脱や歩道への接近を予測した際に警告音を発します。

回避行動が見られない場合は自動でステアリング制御が働き衝突を防ぎます。

アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC)

時速30km/h~100km/内で設定されたスピードで自動走行を行います。

またデュアル検知システムで前方走行車両との車間距離を保ちながら追従することも可能。

現行ヴェゼルでは0km/h~30km/hまでの低速走行・渋滞時はACCが動作しません。

CR-Vでは低速域にも対応するACCが採用されると思われます。

車線維持支援システム (LKAS)

車線をカメラで検知して車が中央を維持するようにステアリング制御を行います。

逸脱した時にはディスプレイ表示や振動で警告を発します。

動画はブラインドスポットインフォメーションシステムの解説。

路外逸脱抑制機能

LKASと同じくカメラで車線検知を行い逸脱量によって自動ブレーキをかけて制御します。

誤発進抑制機能

前方車両や周囲の障害物と車両が近いときに、急なアクセルの踏み込みがあった場合に踏み間違いと検知してディスプレイ表示により警告されます。

停車時から時速10km/hまでの範囲で有効な機能です。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちの交差点などで前方車両に発進に気が付かずに停車したままにしていると、表示と警告音でドライバーに注意を促します。

メーターディスプレイ

道路標識認識

カメラで検知した道路標識の内容をディスプレイ内にも表示します。

オートハイビーム

専用カメラで前方車両や対向車を検知。

周囲の車両状況からハイビームが最適の場合は自動的にロービームからハイビームへと切り替わります。

衝突性能は5つ星

ホンダセンシングが標準装備となるCR-Vですが万が一事故が起きてしまったときでも高い衝突安全性能を誇るボディがドライバー、同乗者を守ってくれます。

アメリカのNHTSA(アメリカ国家道路交通安全局)による総合評価は5段階中で最高の5です!

nhtsa
  • 総合評価:5つ星
  • 前面衝突:5つ星
  • 側面衝突:5つ星
  • 横転:4つ星

車高が高いSUV車種なので横転(ロールオーバー)試験は4つ星ですが、それ以外の項目は最高評価を獲得しています。

公式情報

ホンダからの公式情報ではハイブリッドシステムや3列シートの設定が発表されています。

Comfortable Runabout Vehicle−快適に自由に走り回る移動体。その名が示すように、「CR-V」は誕生以来「いつでも、どこへでも、気軽に、気持ちよく」走るクルマをコンセプトにSUVの新たな価値を提案し続けてきました。

この世界販売No.1*のSUVが進化の時を迎えます。

5代目となる今回は、Hondaの革新的な2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載したFF車及び4WD車を用意するとともに、力強さと洗練を高次元で融合させました。

ホイールベースとトレッドを広げ、SUVとしての車格感を強調するスタイリングとしながら、室内効率を徹底的に追求。

素材や造形にこだわり抜き、質感高く豊かな空間を実現しています。

また、フラットで使いやすい荷室やガソリン車に新たに3列目シートを設定するなど、ユーティリティー性能も向上させています。

さらに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備。「CR-V」らしさを感動レベルにまで引き上げた、次世代のSUVが走り始めます。

出典:http://www.honda.co.jp/motorshow/2017/detail/006/

ハイブリッドとガソリンモデル

海外で販売されているCR-Vのパワートレインはオデッセイなどで採用されている2.4L直4とシビックなどで採用されている1.5L+ターボの2種類。

参考までに同エンジンを積む車種でのスペックです。

オデッセイ(2.4L直4エンジン)

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:2356cc
  • 自動車税:45,000円
  • 最高出力:175ps(129kW)/6200rpm
  • 最大トルク:23.0kg・m(225N・m)/4000rpm

シビックハッチバック(1.5L+ターボ)

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1496cc
  • 自動車税:34,500円
  • 最高出力:182ps(134kW)/5500rpm
  • 最大トルク:24.5kg・m(240N・m)/1900~5000rpm
ホンダシビックのインテリア

ハイブリッドはホンダが開発したSPORT HYBRID Intelligent Multi Mode Driveが搭載されます。

オデッセイと同じ燃費だとすると、、、

燃費は26.0km/l

オデッセイハイブリッドで最も高い燃費は26.0km/lです。

エンジンは直列4気筒の2000ccですが、同じパワートレインとなるならCR-Vでもリッター20を超える燃費は期待できます。

CX-8などクリーンディーゼルで燃費が良いSUVも増えていますし、ホンダとしても20は必ず超えたい数値のはずですからね。

燃費の良い車

ガソリンモデルやターボモデルについてもアイドリングストップやエコアシスト機能によって高い燃費を達成できます。

価格は280万~400万

CR-Vのアメリカでの価格は23,000$~31,000$程度です。

円に直すと260万~350万となりますが日本導入モデルは、全グレードでホンダセンシングの安全装備やプッシュスタートシステムなど定番の装備が標準になることから価格帯は少し上がるでしょう。

ヴェゼルより高いことは間違いないですし価格帯としては280万~400万円程度になりそうです。

ライバル車種となるトヨタのC-HRやハリアー、日産のエクストレイル、マツダのCX-5、CX-8などを見て細かい数値が決まると予想されます。

メタルストリームメタリックのchr

発売は2018年

新型CR-Vは発売予定となっていますが発売日についてのホンダからの公式発表はありません。

詳細や全貌については2018年1月12日(金)から14日(日)まで千葉の幕張メッセで開催される東京オートサロンで明らかになるかもしれません!

東京オートサロン内では「CR-V CUSTOM Concept」というコンセプトモデルを発表予定で、ほぼ市販化を目指せる状態でお披露目されるのではないかと予想されています。

crvのカスタムコンセプト

その他最新情報が分かり次第、当記事も更新をしていきます!


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!1月は買替時期のピークで1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

ホンダの新型crv