新型インサイト2018年に復活へ!画像や燃費など最新情報まとめ

新型インサイト2018
スポンサーリンク

ホンダがかつて発売していたハイブリッドカー「インサイト」が3代目モデルとして復活します。

次世代ハイブリッドシステムを搭載してプリウス(40km/l)を超える燃費を叩き出してくるのでは?

と注目を集めています。

今回はインサイトの歴代モデルと新型インサイトについてのテスト車両画像や燃費など最新情報をまとめていきます!

 

同じく復活するSUV「C-RV」についてはコチラ。

ホンダ新型CR-Vの発売日は2018年!デザイン画像など最新情報まとめ

2017.12.28

初代モデル

初代インサイト

初代インサイトは1999年9月にデビューして当時、市販のガソリン車としては世界最高の35km/lという驚異的な燃費を誇った車種です。

デザインを見ても分かるようにハイブリッドシステムの採用の他に空気抵抗も徹底的に考慮され、リアタイヤをボディで覆うリアホイールスカートなどで空気抵抗係数(Cd値)は0.25を実現。

参考までに現行4代目プリウスのCd値は0.24。

  • 全長×車幅×車高:3940×1695×1355mm
  • ホイールベース:2400mm
  • エンジン:直列3気筒+モーター
  • 総排気量:995cc
  • 最高出力:70ps(51kW)/5700rpm
  • 最大トルク:9.4kg・m(92N・m)/4800rpm

2代目モデル

初代インサイトは優れた燃費性能を誇りましたが乗車定員は2人ということもあり商業的に大成功した訳ではありません。

1999年から2006年まで発売され一度ラインナップから消え、2009年に2代目として登場したZE2/3型は乗車定員5名で使い勝手の良いハッチバックタイプとして再デビューしました。

2代目インサイト

燃費性能こそ35km/lから31km/lに低下しましたが日常で普通に使える車として人気を得ました。

ただハイブリッドシステムの旧型化や時期HV車種のグレイスの登場もあり生産は2014年で終了しています。

  • 全長×車幅×車高:4390×1695×1425mm
  • ホイールベース:2550mm
  • エンジン:直列4気筒+モーター
  • 総排気量:1339cc
  • 最高出力:88ps(65kW)/5800rpm
  • 最大トルク:912.3kg・m(121N・m)/4500rpm

エクステリア画像

そして2018年にインサイトは再度復活します!

プロトタイプの画像がコチラ。

2018年の新型インサイト

見た目は奇抜な印象は無く綺麗にまとまったハッチバックセダン。

新型インサイドのサイドビュー

サイドビューはこちら。

新型インサイトのリア画像

リアのテールランプは大き目な印象を受けます。

 

シビックセダンにも似ていますがプラットフォームは共有しており同じく前輪駆動FF方式を採用します。

テスト車両

新型インサイトは既にテスト走行を開始しておりテスト車両も実際に目撃されています。

新型インサイトのテスト車両

ヘッドランプやフロントグリル、フォグランプ周りは公開されたモデル画像と違い古い印象を受けます。

新型インサイト2018

最近のセダンは低重心・クーペ化しているので車高はやや高く見えます。

インサイトのテスト車両のリア

エクステリアについては市販化される際にかなり見直しが図られるのではないでしょうか?

このテスト車両のままだとかなり地味ですからね、、、

インテリア

インテリアはセンターコンソール上部に大型のタッチスクリーンディスプレイを装備。

ダッシュボードにはステッチ入りのソフトパッド素材で高級感を演出。

新型インサイトのインテリア

2モーターの新世代ハイブリッド

新型インサイトのハイブリッドシステムは2モーターのSPORT HYBRID i-MMDが採用されます。

通常時は2つのモーターの駆動力のみで走行を行い、高速走行や急加速時にはエンジンの力を使いハイブリッドエネルギーを使用。

ボディは3ナンバーサイズ

プラットフォームをシビックと共有することからボディサイズは3ナンバー化されます。

参考までに現行シビックセダンのサイズは以下の通り。

  • 全長×車幅×車高:4650×1800×1415mm
  • ホイールベース:2700mm

シビックにはハイブリッドの設定が無いことからインサイトはシビックHVとしての役割になりそうです。

車幅が1800mmとなると運転が苦手な方にとっては使い勝手が悪くなるので、プリウスをライバルとするなら1700mm代には抑えたいところ。

エンジンは1.5L

エンジンはフィットやヴェゼルなどに積まれている直列4気筒1.5Lが使われます。

1.5L+1モーターのハイブリッドはフィット・ヴェゼルで採用されていますが、インサイトは1.5L+2モーターで更なる燃費向上に期待が集まります。

ホンダの1.5lエンジン

燃費は40km/l越えか

現行フィットHVで最も高い燃費はベースグレードの37.2km/。

2モーター式となるインサイトではプリウスを超える40km/l以上の燃費を達成してくると思われます。

安全装備・ホンダセンシング

インサイトは新型&最新車種として復活するので今や欠かせない安全装備であるホンダセンシングが付くのは間違いありません。

ホンダセンシングは最大9個の安全装備が付くパッケージです。

衝突被害軽減ブレーキ(CMBS)

ミリ波レーダー+カメラのデュアルシステムで前方車両・対向車・歩行者を検知できます。

万が一、衝突の危険性がある場合にはメーター内ディスプレイ表示や警告音でドライバーへ注意を促します。

警告後にドライバーから回避操作が無い場合は車両が自動ブレーキをかけて事故を防ぎます。

歩行者事故低減ステアリング

時速10km/h~40km/hで走行中にレーダー+カメラのデュアル検知システムにより車線逸脱や歩道への接近を予測した際に警告音を発します。

回避行動が見られない場合は自動でステアリング制御が働き衝突を防ぎます。

アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC)

時速30km/h~100km/内で設定されたスピードで自動走行を行います。

またデュアル検知システムで前方走行車両との車間距離を保ちながら追従することも可能。

現行ヴェゼルでは0km/h~30km/hまでの低速走行・渋滞時はACCが動作しません。

インサイトでは低速域にも対応するACCが採用されると思われます。

車線維持支援システム (LKAS)

車線をカメラで検知して車が中央を維持するようにステアリング制御を行います。

逸脱した時にはディスプレイ表示や振動で警告を発します。

動画はブラインドスポットインフォメーションシステムの解説。

路外逸脱抑制機能

LKASと同じくカメラで車線検知を行い逸脱量によって自動ブレーキをかけて制御します。

誤発進抑制機能

前方車両や周囲の障害物と車両が近いときに、急なアクセルの踏み込みがあった場合に踏み間違いと検知してディスプレイ表示により警告されます。

停車時から時速10km/hまでの範囲で有効な機能です。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちの交差点などで前方車両に発進に気が付かずに停車したままにしていると、表示と警告音でドライバーに注意を促します。

新型インサイトのインテリア

 

道路標識認識

カメラで検知した道路標識の内容をディスプレイ内にも表示します。

オートハイビーム

専用カメラで前方車両や対向車を検知。

周囲の車両状況からハイビームが最適の場合は自動的にロービームからハイビームへと切り替わります。

PHVモデルも登場か

新型インサイトではPHV(プラグインハイブリッド)もラインナップに加わる可能性があります。

ホンダのPHVといえばクラリティがありますが性能は以下の通り。

  • 17kWhのバッテリーを搭載
  • フル充電まで250V使用で2.5時間
  • EVのみで64kmの走行距離
  • HVで531kmの走行距離
クラリティ

価格は300万程度か

新型インサイトはシビックのハイブリッド版ともいえる車種なのでシビックよりも価格は高くなることが予想されます。

  • セダン:2,580,120円
  • ハッチバック:2,730,240円
  • タイプR:4,500,360円

ただ現行プリウスが2,429,018円~なのでベースグレードは270万~設定されるかもしれません。

発売は2018年後半

正式な発売日はまだ決まっていませんが2018年1月14日からアメリカで開催されるデトロイトモーターショー内で詳細が発表されます。

エクステリア、インテリア、各種装備の全貌が明らかになるかもしれませんので期待して待ちましょう!


ホンダ車を安く買おう!

ホンダの値引き方法については別記事にまとめたので宜しければご覧くださいm(_ _)m

ホンダの値引き方法
おすすめ⇒ホンダの値引き方法はココから

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

新型インサイト2018