プジョー新型3008発売日、価格、内外装まとめ!値引き法も!

新型プジョー3008のエクステリア
スポンサーリンク

フランスの自動車メーカーであるプジョーからNEWプジョー3008が発表されました。

新型3008は世界的に流行しているコンパクトSUVというカテゴリーに属すジャンルで、その詳細に注目が集まっています。

インテリア、特に運転席回りのi-Cockpitなど他メーカーには無い特徴を持つプジョーの新型3008についてのデザイン、スペック、そして発売日&価格についてまとめていきます!

新型3008は2017年発売予定!スペック最新情報!

独特のエクステリアデザイン

フランス車といえば独特のデザインが売りの1つですが、新型3008も他社コンパクトSUVとは一風変わった雰囲気を持っています。

流行りの大きなフロントグリル、樹脂パーツを使用したホイールアーチ、ヘッドランプからルーフラインにかけてのデザインがお洒落。

Newプジョー3008の外観

リア、特にテールランプはチューブ状のLEDではなく、スモーク加工でブラック化された中に怪しく光る赤いランプがお洒落!

運転席からリアガラスまではピラーレスと思わせるぐらいに黒で綺麗に統一されています。

2代目3008のエクステリア

デザインは言葉だ。NEW 3008が何を目指したのか、何を成し遂げたのか、そのフォルムは物語る。全身から立ち上る圧倒的なエネルギー、その先進的な佇まいは、このクルマが時間軸の中で遥か先を走り始めたことを確信させる。それだけではない。精密なアッセンブリーと高品位な仕上がりは、SUVの新たな到達点をも示す。タフネス&エレガンス。野心、情熱、解放… 目には見えないはずのものが、そこには見える。時として、デザインは言葉よりも雄弁に本質を物語る。

出典:http://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/new-suv-3008/design.html

インテリアはi-Cockpitで斬新

新型3008はプジョーがかなり力を入れて開発したというi-Cockpitが何より格好良いです!

プジョー3008のicockpit

プジョーが創造したi-Cockpitは、NEW 3008によって新たなフェイズへと進化を遂げた。
アートワークも鮮やかなフルデジタルのヘッドアップインストルメントパネル、革新のタッチスクリーン、航空機からイメージされたトグルスイッチ。
ドライバーが求める情報と操作機能はここに集約され、直感的な操作性とカスタマイズ能力はさらに磨き抜かれた。
それは誰もが初めて出会う、新しいドライビング体験。informative(豊富な情報)、innovative(革新性)、intuitive(直感的操作)…、
i-Cockpitは自らを超えていく。

出典:http://www.peugeot.co.jp/models/car-selector/new-suv-3008/design.html

スピードメーター&タコメーター、そして車両情報のインフォメーションディプレイまで全て8インチ液晶ディスプレイで表示されます。

ダッシュボード中心にはカーナビ、オーディオシステムを司る12.3インチの大型メインディスプレイが鎮座!

  • アンビエントライトの明るさ調整
  • イコライザーの調整
  • シートマッサージ機能
  • フレグランス機能

などなど様々な設定がメインディスプレイで可能となります。フラグランス・ディフューザーはフランス車らしいお洒落な機能ですね。

ATセレクター周りもピアノブラック&メッキパーツを使っており高級感のある仕上がりとなっています。

フランス車といえば中途半端にギラギラした内装の車種が多いですが、3008では手を抜いたところは見られません。

ニュー3008のトグルスイッチ

スイッチ類も戦闘機を意識しており、かなり凝った造りとなっています。

 

ガソリンエンジンは1.2と1.6のダウンサイジングターボ

新型3008のパワートレインですが本国ではガソリンとディーゼルエンジンの2つがラインナップされています。

日本導入のエンジンは正式に発表されていませんが、ガソリンエンジンに関しては2016年インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを受賞したPure Tech 1.2L3気筒ターボを搭載しているモデルに注目が集まります!

  • エンジン:直列3気筒+ターボ(Pure Tech 1.2L)
  • 総排気量:1199cc
  • 自動車税:34,500円/年
  • 最高出力:130ps
  • 最大トルク:230Nm

ディーゼルは1.6と2.0

ディーゼルエンジンについては現行のプジョー308に積まれている1.6Lもしくは2.0LのBlueHdiというエンジンが搭載されることが濃厚です。

プジョー308の1.6LブルーHDi

  • エンジン:直列4気筒+ターボ(BlueHdi 1.6L)
  • 総排気量:1560cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:120ps(88kW)/3500rpm
  • 最大トルク:30.6kgm(300N・m)/1750rpm

プジョー308GTの2.0LブルーHDi

  • エンジン:直列4気筒+ターボ(BlueHdi 1.6L)
  • 総排気量:1997cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:180ps(133kW)/3750rpm
  • 最大トルク: 40.8kgm(400N・m)/2000rpm

ガソリン&ディーゼルともにマニュアルシフト・6速MTの設定があるようですが、恐らく日本市場には正規輸入されることはないでしょう(x_x;)

どうしても欲しいかたは並行輸入業者からの購入を検討してみて下さい。。。

ボディサイズは1回り大きく

車の大きさとしては全長が+82mm、ホイールベースが+60mm、車幅が+6mmで全体的に1回り大きなサイズにアップ。

車高に関しては9mm低くなっており、スポーティーな印象を与える要因の1つとなっています。

  • 全長×全幅×全高:4447×1841×1624mm
  • ホイールベース:2675mm

価格は350万~400万

現行3008の価格帯は3,490,000円~となっているため、新型モデルも同等もしくは400万程度のお値段になることが予想されます。

フランス車ということを考えてしまうと高く感じるかもしれませんが、i-Cockpitやエンジンオブザイヤー受賞のパワートレインなど革新的な技術が満載の新型3008ですから決して割高という印象はありません。

個性的なデザインで注目を集めているトヨタのC-HRですが必要なオプションをつけていくと350万~400万円という価格帯になるようですので、どうせ人と違う車に乗りたい!という人であれば、プジョー3008も候補にあがるのではないでしょうか?

フランス車であればドイツ車のようにオプション付けないと味気ない。。。ということはありませんのでオススメです。

発売日は2017年の春~夏か

プジョーからの公式発表として日本導入は”2017年を予定”とありますが、具体的な時期などは決まっていません。

既に2016年10月からはフランス本国を始めとする欧州市場では販売が開始されているため、早ければ2017年春には日本にも導入されるのではないでしょうか?

3月25~26日に発表か

またNEWプジョー3008は現在、全国15の主要ディーラーを回るツアーを開催中です。

実車を見ることができるツアーですが、最終日が東京都中央区のプジョー中央:2017年3月25(土)~26(日)となっています。

この最終日に正式な発売日に関するアナウンスがあることも予想されるので、購入を検討している方はぜひチェックしてみて下さい!


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

新型プジョー3008のエクステリア