マツダCX-6の内外装デザイン、発売日、価格!3列SUVで登場!

新型xc-6の予想デザイン
スポンサーリンク

マツダはミニバンというカテゴリーのジャンルの生産を中止して世界的に人気の高い、SUVの生産へシフトしていくようですが、その第1弾として3列シート7人乗りのSUVを開発しています。

この車の正式な名称は発表されていませんが恐らく「CX-6」としてデビューをするようです。

CXシリーズは現在CX-3、CX-5が日本国内でもラインナップされていますが、SUVクーペの「CX-4」は中国市場、そしてCX-6と同じく3列シートを持っている「CX-9」はアメリカ市場で販売されています。

CX-9の大きさでは日本の道路事情を考えると大きすぎるということで、一回り小さくした日本向けのCX-6をラインナップに加えていくとのことです!

マツダ車の値引き方法・限界価格!安く買うコツ徹底解説!

2016.10.04

マツダ新型CX-6のスペック最新情報&予想!口コミ評価

 エクステリア

CX-6の全貌は明らかにはなっていませんが、カモフラージュされたテスト車両・プロタイプの画像は捉えられています。

大きなフロントグリル、そして新型CX-5やジャガーFペースのように薄めのヘッドランプを採用していることが分かります。

マツダ新型cx-6

こちらは真横からの見た目ですが、最近流行りのSUVクーペ風のボディデザインではないようですね。

後部座席のドアノブもCピラーに隠されているわけではなく、いわゆる所定の位置に配備されています。

7人乗りの車なのでスライドドアが何かと便利なのですが、マツダはスライドドア(ミニバン)の生産をしばらくは辞めるようですのでCX-6に採用されることはまずないでしょう。

カンレン⇒スライドドアの外車一覧をまとめ!値段も安くて国産車よりお得?

マツダcx-6のサイドビュー

リアビューもCX-5と比べてもこれといった変わったところは見当たりませんし、テールランプも見慣れたデザインですね。

マフラーは有難いことに左右2本出しでカッコイイ!車好きにとっては地味に嬉しいですね。

マツダcx-6のリア

参考までに北米市場で発売されているCX-9です!とにかく大きい!

全長は5m越&車幅場は1.9m越という日本の道路では何かと不便するサイズ感です。。。

cx-9

フロントバンパー、サイドスカート、リアディフューザーにかけてアルミメッキ調のラインが施されておりお洒落です。

左右のテールランプもメッキ調でつながっており一体感を演出しています。

cx-9のリア画像

インテリアは謎

カモフラージュされたテスト車両は目撃されていますが、そのインテリア内装については現時点で不明となっています。

ただ新型CX-5、CX-9の2車種から大きく変更されることは無いでしょう。基本的な内装はシリーズで統一されるはずです。

こちらはCX-9のインテリア、ダッシュボードインパネ周り。

cx-9の内装

次に2017年2月発売予定の次期CX-5の内装、比較してみると細かなディテールの違いはあるものの、マツダコネクト、エアコン操作部、ATセレクターなどの配置は統一されています。

新型cx5のインパネ

パワートレインはガソリンとディーゼル

CX-6に積まれるエンジンとしてはガソリンターボモデルとディーゼルモデルの2つが用意されます。

トランスミッションに関してはトルクコンバータ式の6速ATでマニュアルシフトが用意される確率はほぼ0です。

駆動方式はFF、4WD。

スカイアクティブ2.5L直列4気筒+ターボ

  • エンジン:直列4気筒2.5L+ターボ
  • 最高出力:169kw(227PS)/5,000rpm
  • 最大トルク:310Nm(42.9kgm)/2,000rpm

スカイアクティブ2.2L直列4気筒クリーンディーゼルターボ

  • エンジン:直列4気筒2.2Lディーゼル+ターボ
  • 最高出力:129 kW(175 PS)/ 4,500 rpm
  • 最大トルク:420 Nm(42.8 kgfm)/ 2,000rpm
cx-6のエンジン

ボディサイズ

CX-6の車の大きさは公表されていませんが、参考までにCXシリーズのサイズを表にまとめました。

単純に考えれば新型CX-5、CX-9との間をとった大きさになりますが、日本の道路事情を考えると車幅は1,840mmというのはそのままな気がします。

CX-9のように5m越え&車幅1.9m越えというアメリカンサイズSUVになることは無いはずですので、、、

  全長 ホイールベース 車幅 車高
CX-3 4,275 2,570 1,765 1,550
CX-4 4,633 2.700 1,840 1,535
CX-5 4,540 2,700 1,840 1,705
新型CX-5 4,545 2,700 1,840 1,690
CX-9 5,071 2,870 1,936 1,734

G-ベクタリングコントロール(GVC)

大型の7人乗りSUVとなると心配なのが乗り心地ですが、マツダの新技術であるGーベクタリングコントロール(GVC)が採用されることはほぼ確定です。

ドライバーと車の一体感を追及しているマツダですが、乗り心地は別の話ということでカーブの時でも車体が揺れにくいといった技術を搭載しているのがGVC。

GVCは、マツダがこれまで取り組んできた「統一感」をさらに進化させるため、「エンジンでシャシー性能を高める」という新発想と、人間中心の開発思想に基づいて開発されました。機械の効率のみを考えて制御するのではなく、「人間を中心に、人間の特性に基づいてクルマがどうあるべきかを考える」という開発哲学に基づいて、より多くの人に「なめらかなGのつながり」を提供します。
GVCはドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させることで、これまで別々に制御されていた横方向と前後方向の加速度(G)を統合的にコントロールし、4輪への接地荷重を最適化してスムーズで効率的な車両挙動を実現する世界初*の制御技術です。

出典:http://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactiv/gvc/

CXの名前の意味

マツダのクロスオーバーSUVは車名にすべてCXと付きますが、これはCがクロスオーバーコンセプトを表しており、Xは未知数・スポーツカーという意味だそうです。

SUVでありながらもスポーティー、未知な魅力を車を持っているということでしょうか!?

CXの後に続く数字はアウディやBMWと同じく車格を表しています。

価格は270万~400万程度か

2017年2月に発売される新型CX-5の価格帯は20S(最も安いグレード)で2,462,400円で、XD Lパッケージ(最上級グレード)で3,526,200円となっています。

車としては1回り大きくなりますし3列シートも加わるということで、これより安くなることはないため270万~400万円程度を考えておけば良いでしょう。

値引き方法のコツ

CX-5などマツダ車を安く買う“ウラワザ”については、以下の記事で詳しく紹介しているので宜しければご覧下さい。

発売日は2017年11月から12月

CX-6の公式発表は10月27日(金)から11月5日(日)の10日間にかけて実施される東京モーターショー2017で行われると予想されており、この場で発売日も決まるのでは!?とされています。

口コミと評価

最新情報は追加しだい更新をしていきます

まだまだ未知の情報が多いCX-6ですが、基本的には新型CX-5を少し大きくして3列目シートが配置された車として考えて大きく外すことは無いでしょう(笑)

今後も最新情報が分かり次第、更新していきます!


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

新型xc-6の予想デザイン