アバルト124スパイダー|スペック、価格、ロードスターとの違い!

アバルト124スパイダーとロードスターの違い
スポンサーリンク

イタリアのチューニングメーカー、スポーツカーメーカーであるアバルトがマツダロードスターを手掛けて「アバルト124スパイダー」として日本で発売されることが決定しました!

マニアックなメーカーで根強いファンがいるアバルトからのオープン2シーターということで、非常に注目を集めている車です。

今回はアバルト124スパイダーのスペックを基となっている車両であるマツダロードスターと比較しながら紹介をしていきます。

アバルト124スパイダーとロードスターのスペック違いをまとめ

外観は好みで選ぶ

エクステリアについては人それぞれの好みで別れる部分が多いのではないでしょうか?

124スパイダーのほうがボディサイズは全体的に大きくなっており、デザイン性と共に剛性、安定感も高めることに成功しています。

動画の前半は日本未導入のフィアットバージョンの124スパイダーで、後半はアバルト124スパイダーの紹介です。

そしてこちらは3冠を獲得したマツダロードスター(海外名:MX5・ミアータ)の動画

  • ワールドカーオブザイヤー
  • ワールドカーデザインオブザイヤー
  • 日本カーオブザイヤー

個人的にはロードスターのほうがボンネットに入った2本のライン、凹凸による立体感などが格好良くて好きですね。

ガンメタ一色(マシングレー色)というのも格好良いポイントです。

良くも悪くもアバルトは一目見てスポーツカーであることが分かるようなデザインとカラーリングになっています。

マツダ新型ロードスターRF!発売日・価格・燃費・評価の最新情報!

2016.08.01

そして2016年の冬に発売予定のロードスターRF(ハードトップ)

内装はアバルトが上回る!?

インテリアはエクステリアほど大きな変化はありませんが、パッと目につくのがアバルトはアルカンタラを使っているということ。

そしてお馴染みのサソリをモチーフとしたアバルトエンブレムがハンドル中心に配置されており、アバルト好きにとってはこれだけで購入する理由になりますね(笑)

スピードメーターはなんと270km/hスケール!ロードスターは180km/hではなく200km/hと中途半端な値となっています。

ナビゲーションや車両のインフォメーションを司るマツダコネクトも配置されていますが、アバルト124スパイダーでは恐らく名称が変わってくることと思われます。

イタリアメーカーなので「アバルトコネクト」というお洒落さの欠片もない、名称になる可能性は低いと思いますが果たして!?

ターボエンジンでパワーアップ

アバルト124スパイダーのエンジンスペック

  • エンジン :直列4気筒+ターボ
  • 最高出力:170ps(125kW)/5500rpm
  • 最大トルク:25.5kgm(250N・m)/2500rpm
  • 総排気量:1368cc
  • 圧縮比:9.8
  • 燃費:13.8km/L

マツダロードスターSのエンジンスペック

  • エンジン :直列4気筒
  • 最高出力:131ps(96kW)/7000rpm
  • 最大トルク:15.3kgm(150N・m)/4800rpm
  • 総排気量:1496cc
  • 圧縮比:13.0
  • 燃費:17.2km/L

違いをまとめ

  • 馬力はアバルトが39ps高い
  • トルクもアバルトのほうが約10kgm、100Nm高い
  • ロードスターでは採用されなかったダウンサイジングエンジンを使用
  • 燃費はロードスターの圧勝で3.4km/Lもの差

ロードスターでは人馬一体を掲げており、アクセルを踏み込んだ分だけリニアに加速していくのが特徴ということでターボじゃなくてNAでしたが、アバルトに関しては流行の波に乗ってダウンサイジングの1.4L+ターボとなっています。

こうして見ると最近のターボの凄さが分かりますね。

100cc排気量が低いのですが、馬力とトルク共にかなりパワーアップしていることが分かります。

その分なのか燃費の低下も目についてしまいますが、、、ただマニュアルトランスミッションで走ればカタログ値に近い実燃費も叩きだせるので、そこまでネガティブな要素にはならないのかなと思います。

ボディサイズは大きく、車両重量も重く

  アバルト124
スパイダー
マツダ
ロードスターS
全長 4060mm 3915mm
車幅 1740mm 1735mm
車高 1240mm 1235mm
ホイール
ベース
2310mm 2310mm
車両重量 1130kg 990kg
  • 車の長さは145mm長く
  • 幅は5mmワイド
  • 車高も5mm高く
  • ホイールベースはプラットフォーム共有ということで変わらず
  • 車両重量は140kgも重く

アバルト124スパイダーは車両重量が140kgも重くなっているということで、単純にエンジンスペックが上がったからといってロードスターより速いかというと微妙なところです。

0-100km/hまでのタイムは公表されてませんがほぼ変わらないと思われます。

価格はロードスターがお買い得

アバルト124スパイダー

  • 6速MT:3,888,000円
  • 6速AT:3,996,000円 

マツダロードスターS

  • 6速MT:2,494,800円
  • 6速AT:2,808,000円(SPパッケージ)

最も安い6速MTロードスターSとアバルトの6速MTとを比較すると、150万円もの差が出てしまいます。。。

ただ最も高いグレードRS(3,196,800円)との比較であれば70万程の差となります。

いずれにしても結構な金額の開きがあるので、イタリア車、アバルトというブランドに魅力を感じる人以外には割高に感じてしまうかもしれませんね。

アバルト124スパイダーは2016年10月8日発売

フィアットクライスラージャパン(FCAジャパン)は既に発売日も公式発表しており、今から約2ヶ月後の2016年10月8日で間近に迫っています!

あと少ししたら日本の街中を走るアバルト124スパイダーをお目にかかることができるというわけです。

また2016年の9月9日は富士スピードウェイにて試乗イベントが開催されるので、購入を検討している方はぜひアバルトの公式ページ、ディーラーを訪ねて情報をチェックしてみてください!

マニアな人向けにギア比の比較

最後の最後ですが、両社ともに6速MTがあるということで、それぞれのギア比を比較してみます。

アバルト124スパイダー

  • 1速 :4.363
  • 2速 :2.348
  • 3速 :1.647
  • 4速 :1.262
  • 5速 :1.000
  • 6速 :0.844
  • リバース:3.863
  • 最終減速比 3.454

マツダロードスターS

  • 第1速: 5.087
  • 2速: 2.991
  • 3速: 2.035
  • 4速 :1.594
  • 5速 :1.286
  • 6速: 1.000
  • リバース: 4.696
  • 最終減速比 2.866

このように見てみるとロードスターの6速とアバルトの5速のギア比が同じであることが分かります。

エンジンが違うので一概には比較できないのですが、ロードスターのほうが加速重視でアバルトは最高速重視なのかなという印象です。

ここまで違うとかなり車としてのキャラクターも違うと思うので、差別化は十分に図られていると言えるでしょう。

この走りを体験する覚悟はできているか?
ABARTHのエンジニアの情熱とスパイダーが融合するとき、ふたつとない特別なクルマが誕生する。
それがアバルト 124 スパイダーだ。ひとたびステアリングを握れば、ほかのクルマのことなど考えられなくなる。
ルーフを開放して走り出し、大きく息を吸い込む。パフォーマンスは風の中にある。

スポーツドライビングを体験せよ。
アバルト 124 スパイダーのインテリアはドライバーを中心に設計されており、
そこには唯一無二のアバルト 124 スパイダーを操るために必要なディテールが込められている。
さあ、コックピットに乗り込んで、心を解き放て。

出典:http://www.abarth.jp/124spider/


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

アバルト124スパイダーとロードスターの違い