BMW新型2シリーズ グランクーペの予想スペック、デザイン画像など最新情報!

2シリーズのグランクーペ
スポンサーリンク

BMWが2シリーズに4ドアセダンのグランクーペをラインナップに追加します。

グランクーペは3代目の6シリーズから加わった4ドア型のセダンクーペを表し、現在は4シリーズと6シリーズで展開しているモデル。

アウディA5、A7のスポーツバックやメルセデスベンツのCLA、CLSなどライバルメーカーでも似たボディタイプの車種があり、BMWでは更にラインナップを強化していきます。

既に2シリーズ・グランクーペの開発は始まっておりテスト車両もキャッチされています!

現在分かっている情報をチェックしていきましょう。

2シリーズの4ドアセダン!グランクーペが発売へ

テスト車両

グランクーペのテスト走行を捉えた画像です。

セダンクーペらしくロングノーズショートデッキでルーフからリアに掛けては綺麗な曲線調のデザイン。

2シリーズのグランクーペ 2シリーズの4ドアセダン 2シリーズグランクーペのサイド

真横から見るとボンネットがBMWのセダンとしてはやや高くFFであることが分かりますね。

2シリーズのボディサイズに収めた4ドアセダンでFRを採用すると室内空間が狭くなるのでFFを採用します。

2シリーズグランクーペのリア

ヘッドランプ、テールランプも走行に最小限必要な部分以外は隠されておりデザインの全ては分かりませんが、現行の2シリーズ(クーペ、カブリオレ)から大きな変化はなさそうです。

2シリーズクーペ

冬季の雪上テストも実施済みで市販化に向け進展しています。

2シリーズグランクーペの冬季テスト 2シリーズ4ドアセダンの冬季テスト

冬季テストでもカモフラージュは取れず全ては分かりません。

メーターはディスプレイ式へ

インテリアの情報はありませんがBMWでもスピード、タコメーターのデジタルディスプレイ化を進めており、グランクーペでもデジタル化されるのは間違いないでしょう。

同時期に発売が予定されている新型3シリーズと似たインテリアになると予想されますが、既に発売されている5シリーズが最も参考になります。

ボディサイズが小さいため5シリーズほど余裕はありませんが、基本的なデザインは1シリーズから7シリーズまで同じですからね。

プラットフォームはFF

先程も紹介したように使用されるプラットフォームはFRのCLARではなくて、FFのUKLとなります。

CLARは新型7シリーズ(G11/G12型)から使われている新開発のプラットフォームで、アルミニウムや炭素素材により従来よりも-130kgの軽量化に成功したもの。

 

UKLは2014年に開発されたFFもしくは4WDに対応しているプラットフォーム。

2シリーズのアクティブツアラー、グランツアラー、SUVのX1、中国のみで販売されている1シリーズの他に、BMWグループとなったミニの各シリーズ(ハッチバック、クラブマン、クロスオーバー等)でも使われています。

パワートレインは3種類

2シリーズグランクーペのエンジンとしてはX1(F48)と同じ3気筒、4気筒のガソリンエンジン、そしてディーゼルが加わり3種類。

以下に表記のエンジンスペックは現行のX1の仕様ですが、スポーツ性も求められるジャンルの車ですからチューニング等によりパワーアップに期待したいところ。

燃費はX1のディーゼルだとJC08モードで19.6km/l、しかもフルタイム4WDでの数値。

グランクーペにディーゼルがあるなら20km/lは期待できますね。

3気筒ガソリンエンジン

  • エンジン:直列3気筒+ターボ
  • 総排気量:1498cc
  • 最高出力:140ps(103kW)/4600rpm
  • 最大トルク:22.4kg・m(220N・m)/1480~4200rpm
  • 燃費:15.7km/l

4気筒ガソリンエンジン

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:192ps(141kW)/5000rpm
  • 最大トルク:28.6kg・m(280N・m)/1250~4600rpm
  • 燃費:14.6km/l

4気筒ディーゼルエンジン

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1995cc
  • 最高出力:150ps(110kW)/4000rpm
  • 最大トルク:33.7kg・m(330N・m)/1750~2750rpm
  • 燃費:19.6km/l

動画はBMW Japan公式の純正エンジンオイルの紹介PV。

BMWではターボエンジンをツインパワー・ターボ・エンジンと称していますが、その性能を維持するには純正オイルが必要不可欠とのことです。

2シリーズグランクーペを購入した際には、ぜひ純正エンジンオイルを使いましょう!

BMW X1 xDrive25i、BMW X1 xDrive20i には、2.0 リッター直列4 気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジン。BMW X1 sDrive18i には、革新の1.5 リッター直列3 気筒BMW ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載。

ツイン・スクロール・ターボチャージャーやダブルVANOS 、バルブトロニック、高精度ダイレクト・インジェクション・システムといった革新的なBMW ツインパワー・ターボ・テクノロジーによって、驚くべきパフォーマンスと高トルクとともに燃料消費量の低減をもたらしました。

出典:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/engines.html

8速ATと6速MT

ツインパワーターボエンジンに組み合わされるトランスミッションはBMWではお馴染みZF製の8速AT、そしてヨーロッパ市場では6速MTもラインナップされます。

日本への正規輸入モデルでMTが採用される確率はかなり低く日本で買えるのは8速ATのみとなりそう。

ドイツ車の故障・修理費用まとめ!保証終了前に買い替え検討を!

2017.04.01

6シリーズからグランクーペは消滅

とにかく格好良いグランクーペですが6シリーズからは消えて8シリーズに移行します。

BMWとしては2、4、8の3車種で4ドアセダンクーペを設定。

アウディやメルセデスベンツに比べると遅れをとっていたジャンルですが、買いやすいエントリークラスからフラッグシップの8シリーズまで揃い踏みです。

ホワイトの8シリーズ

またMモデルとしてM2グランクーペも期待されるところ。

CLAクーペのAMGが400ps超えの情報があるため、M2もBMW伝統の直列6気筒・シルキーシックスにより同等のスペックを叩き出してくるのは間違いありません。

価格は400万円代

2シリーズグランクーペですがプラットフォームがUKLでFFであることから400万円台からの設定になりそうです。

現在、販売されている2シリーズの各車種の価格は以下の通り。

  • 2シリーズクーペ(FR):5,030,000円~
  • アクティブツアラー(FF):3,630,000円~
  • グランツアラー(FF):4,050,000円~

 

ライバルであるメルセデスベンツの現行CLAも400万円台からの設定ですしフルモデルチェンジ後も同等の価格と予想され、BMWの2シリーズグランクーペも400万円台なのが自然でしょう。

BMWの4ドアセダンクーペとしてはかなり安く人気が出るのは間違いないでしょう。

 

もっと尖ったスポーティーなのが好みの方は新型Z4がおすすめ。

BMWの新型Z4は2019年にフルモデルチェンジして発売!最新画像やスペックをチェック!

2018.02.10

発売は2019年

冬季のテスト走行も終えたことから発売は2019年を予定しています。

残念ながらBMW伝統のFR、重量配分50:50ではありませんが、BMW好きもしくは車好きじゃない方にとってはデザインのほうが大事ですからね。

BMWというブランド(女性からモテます)で格好良いセダンクーペ、そして買いやすい価格での発売になりそうな2シリーズグランクーペ!

メルセデスベンツのCLAクーペと共に市販化の際には大きな注目が集まることでしょう。


65万円以上も得する方法

私は査定業者からの営業電話が無いユーカーパックという査定サービスを利用して、私のキューブだと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いアルファード「65万円」も差が付いた実例もあります。

ユーカーパックを通じた最大2000社の査定により今は売る気が無い人でも買取相場を見てビックリするほど高く売れることが分かり買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の相場額を知りたい、高く売りたい人は30秒のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】ユーカーパックを利用してみてはどうでしょうか?


⇒買取相場もスグに分かるユーカーパックはココから

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!3月は買替時期のピークで1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

2シリーズのグランクーペ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。