スズキ新型ジムニーの画像、発売日、スクープ情報!フルモデルチェンジまとめ

スズキの新型ジムニー2018
スポンサーリンク

スズキの人気SUV軽自動車であるジムニーの現行3代目モデル(JB23)は1998年から発売されており、マイナーチェンジこそ重ねているもののフルモデルチェンジは無く20年を迎えようとしていますが、丁度20年目となる2018年に遂に次期モデルとなるようです!

日本国内だけでなく世界中から愛されるジムニーですから、かなりの注目が集まっています。

そこで今回は現在分かっている4代目ジムニーに関する情報をまとめていきます!

ジムニー・シエラのフルモデルチェンジ最新情報をまとめ!

エクステリア

エクステリアは公開されていませんがカモフラージュ模様をしたプロトタイプの走行テスト風景は目撃されています。

フロントからのスパイショット。

新型ジムニーのフロント

真横からのショットでは曲線系ではなくカクカクしたデザインであることが分かります。

タイヤサイズ、ホイールサイズに付いては分かりませんが現行と同じ16インチ(175/80R16 91Q)と思われます。

新型ジムニーのサイド

リアビューからはブレーキ・ウインカー・バック・リアフォグなどテールランプを確認することができます。

かなりシンプルでレトロチックですがテスト車両のため、とりあえず走行のために付けただけかもしれません!?

新型ジムニーのリア

ランドローバーが2016年まで生産していたディフェンダーを思い出させるテールランプですが市販化の際にはどうなるでしょうか?

このままのデザインで発売して欲しいという方も多そうですが果たして。。。

ランドローバーのディフェンダー

現行と新型の違いとしては、やはりボディラインですね。

スズキの新型ジムニー2018

現行ジムニーは四角いボディでありつつ細部は曲線的ですが、4代目モデルはメルセデスベンツ・Gクラスのようにカクカクでクラシカル。

原点回帰デザインです。

ジムニー新型と旧型の比較

両者を比較するとプロトタイプのほうが1周り大きいようで軽自動車サイズである全長3.4m、車幅1.48mを超えていることから、キャッチされたのは普通車バージョンであるシエラのようです。

予想デザイン

プロトモデルからの予想デザインです。

新型ジムニーの予想デザイン

リアのテールランプはプロトモデルと違いますが、市販化される際には予想デザインのような現代的な形になる確率は高いでしょう。

新型ジムニーの予想デザインリア

出典:https://indianautosblog.com

インテリア

内装は最近のスズキ車種らしくお洒落かつ機能的なデザインです。

新型ジムニーのインテリア

メーター周りは武骨で大きな四角形のパネルが目立ち、センターコンソールには大型ディスプレイを配置。

シフトパネル、シフトノブからトランスミッションはトルコン式ATもしくはCVTであることが伺えます。

動画

次期ジムニーに関する動画を集めました。

道路上でのテスト走行の動画はコチラ!

スパイショットを集めた動画。

エンジンは2種類か

現行モデルでも軽自動車規格の660cc+ターボ、普通車規格(シエラ)の1300ccと2種類がラインナップされているように、次期モデルでも軽とシエラが発売されることは確実です。

シエラに搭載されるエンジンはバレーノやクロスビーと同じ1000cc+ターボのBOOSTERJET、もしくはイグニスと同じ1300cc+ターボとなるでしょう。

スズキのクロスビーのフロント
  • エンジン:直列3気筒+ターボ(K10C型)
  • 総排気量:996cc
  • 最高出力:111ps(82kW)/5500rpm
  • 最大トルク:16.3kg・m(160N・m)/1500~4000rpm
スズキのイグニス
  • エンジン:直列4気筒+ターボ(K12C型)
  • 総排気量:1242cc
  • 最高出力:91ps(67kW)/6000rpm
  • 最大トルク:12.0kg・m(118N・m)/4400rpm

燃費は20越え

本格的なコンパクトオフロード車であるジムニーですが、これからの時代は燃費を避けて通れませんのでマイルドハイブリッドモデルがラインナップされる確率も高いでしょう。

クロスビーが全グレードで1.0L+ターボに加えてマイルドハイブリッドシステムのパワートレインですしね。

現行モデルの燃費

  • ジムニー:13.6~14.8km/l
  • シエラ:12.6~14.8km/l

電動機のみで自走可能なハイブリッドシステムではなく、通常の乗用車に搭載されている発電機を強化して、補助モーターとしても利用できるようにしたものである。トヨタ・プリウスやトヨタ・アクアやスズキ・ソリオなどのモーターのみで走行できるハイブリッド車とは異なる。乗用車では登場当初はトヨタ・クラウンのごく一部の仕様に採用されていたが、現在では主にスズキが採用している。

出典:wikipedia・マイルドハイブリッド

次期ジムニーはマイルドハイブリッド

ボディサイズ

軽ジムニーのボディサイズは規定があるので今とほぼ変わりませんがシエラに関しては未知数。

参考までに現行モデルの大きさです。

  • 軽Ver
  • 全長×全幅×全高 :3395×1475×1680mm
  • ホイールベース:2250mm
  • 普通車Ver
  • 全長×全幅×全高:3600×1600×1705mm
  • ホイールベース:2250mm

トランスミッションはトルコンATとMTか

スズキが持つ変速方式は大きく以下の4種類です。

  • 新型スイフトのアイシンAW製の6速トルコン式AT
  • シングルクラッチのセミオートマシステムであるAGS
  • 無段変速機CVT
  • マニュアルトランスミッション

ジムニーという車が持つキャラクターや顧客層からMTの採用は確実ですが、オートマのトランスミッションについてはまだ分かりません。

ただ最近のスズキはスイフトやバレーノなど主力だったCVTではなく6速ATを採用する車種が増えています。

リーク画像を見る限りではAGSでは無さそうですが、公式な発表があるまでは読めませんね。

新型ジムニーのレッド

安全装備の充実

1998年デビューの現行ジムニーで足りない部分は何といっても安全装備です。

現在、スズキの最新車種では主に6つの安全装備が付くので次期ジムニーでも採用されることは間違いないでしょう。

オフロードの走行性能は抜群でも現行モデルでは安全装備に不安が残ります。

デュアルセンサーブレーキサポート

フロントガラスに設置される単眼カメラ+レーザーレーダーの2つの検知機能によって前方の歩行者や車などを検知。

デュアルセンサーによって衝突防止の自動ブレーキ機能が動作します。

誤発進抑制機能

約10km/h以下の徐行運転中、前方に障害物を検知したときはアクセルを強く踏み込んでも最長5秒間アクセルに制御が掛かり急発進を防止します。

またブザー音やメーター内の警告表示により衝突回避を支援します。

万が一の踏み間違えのときも安心です。

車線逸脱警報機能

時速60km/h~100km/hで走行中に車線からはみ出しそうになるとブザー音+メーター内警告表示によりドライバーに注意を促します。

自動で元の車線に戻る自動運転のような機能ではなく、あくまでも警報機能です。

車線逸脱警報機能

ふらつき警報機能

時速60km/h~100km/hで走行中に蛇行や車線逸脱を繰り返すとドライバーの疲れを検知して警報を鳴らします。

ふらつき警報

先行者発進お知らせ機能

デュアルセンサーによって前方の先行者との距離が5m以上離れても、自車が停車を続けている場合にはブザー音とメーター内警告によって発進するようにお知らせをしてくれます。

ハイビームアシスト機能

前方車両や対向車がいない場合には自動的にヘッドランプをハイビームに切り替えます。

その他、街路灯が多い道や明るい場所ではロービームとなります。

プラットフォームは新開発か

スズキの現行車種の多くはハーテクトというプラットフォームを採用していますが、新型ジムニーはオリジナル設計が用意されるでしょう。

新型プラットフォームのハーテクト

というのもジムニーは本格的なオフロード走行車両のためフレーム形式にはしご型(ラダーフレーム)と呼ばれる強度・剛性の高いプラットフォームを使っているからです。

現在はコスト削減や軽量化のためにラダーフレームは減っていますが、採用している車は凄いのばかり!

ランドクルーザー200

言わずと知れた国産SUVの王様のランドクルーザーもラダーフレームです。

国産車では他に同じくトヨタのFJクルーザーやプラド、三菱のパジェロなど本格的SUVに限られています。

トヨタのランドクルーザー

メルセデスベンツ・Gクラス

日本ではオフロード車両というよりも都会を颯爽と駆け抜ける高級SUVとしてお馴染みのGクラス。

スクープショットを見る限り、新型ジムニーはGクラスのコンパクト版!?のようなデザインになるかもしれませんね。

メルセデスベンツgクラス

ジープ・ラングラー

SUVの代名詞であるジープですがラダーフレームを採用しているのはラングラーだけ。

その他、チェロキーやグランドチェロキー、コンパスといったジープブランドはラダーフレームではありません。

ジープのラングラー

ランドベンチャーなどカスタムモデルにも期待

ジムニーはカスタマイズ性に優れた車種であることでも有名ですね。

スズキからはエクステリアパーツやインテリア、細かなディテールにこだわった上級グレードであるランドベンチャー仕様が発売されることは間違いないでしょう。

その他、カスタマイズメーカーなど社外メーカーからも発売直後にリフトアップキットなどが登場することになります。

予想価格は130万から160万

ジムニーは悪路走行性能やボディ剛性などを考えるとかなりコストパフォーマンスが高い車種です。

恐らく4代目モデルも現行と同じ程度の値段で出してくることが予想されます。

  • 現行モデルの価格帯
  • ジムニー:1,296,000~1,625,400円
  • シエラ:1,580,040~1,891,080円

少し気が早いですが新型ジムニーを安く買うため(スズキディーラーでの値引き)の方法について、別記事にまとめてあるので宜しければご覧ください。

スズキ自動車の値引き方法

コチラをクリック⇒スズキディーラーでの値引き方法

発売は2018年

新型ジムニーの発売は2018年中と予想されていますが時期については分かっていません。

今後のスズキからの公式発表、そして今後開催予定のモーターショーに注目が集まります。

参考までに日本だけでなく世界も含めたモーターショーの開催予定は以下のようになります。

  • 2017/12/15~2017/12/18:福岡モーターショー
  • 2018/01/12~2018/01/21:ブリュッセルモーターショー(ベルギー)
  • 2018/01/12~2018/01/14:東京オートサロン
  • 2018/01/19~2018/01/21:札幌モーターショー
  • 2018/01/13~2018/01/28:デトロイトモーターショー(アメリカ)
  • 2018/02/10~2018/02/12:東北モーターショーin仙台
  • 2018/03/08~2018/03/18:ジュネーブモーターショー(スイス)
  • 2018/03/30~2018/04/08:ニューヨークモーターショー(アメリカ)
  • 2018/04/05~2018/04/08:マニラモーターショー(フィリピン)
  • 2018/04/19~2018/04/29:インドネシアモーターショー(インドネシア)
  • 2018/04/25~2018/05/04:北京モーターショー(中国)
  • 2018/06/07~2018/06/17:釜山モーターショー(韓国)

日本で開催されるモーターショーもしくは突然の公式発表で新型ジムニーの全貌は明らかになるでしょう。

最新情報が分かり次第、当記事も更新をしていきます!


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!12月は年明けに向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

スズキの新型ジムニー2018