おしゃれな車ランキング。内装&外装画像も合わせてまとめ!

おしゃれな車のランキング
スポンサーリンク

おしゃれと聞くとファッションがまず1番初めに思い浮かびますが、車にもよく使われる言葉ですね。

今回は正におしゃれ!という言葉がピッタリの車種を紹介していきます。

国産車から外車まで見た目だけでなくインテリア・内装も併せてご覧頂けたらと思いますm(_ _)m

国産車メーカー

トヨタ・パッソモーダ

安心して乗れて使い勝手が良くて実用的な車のイメージが強いトヨタですが、遊び心にあふれた車もあります

その1つがパッソモーダです。

イギリス車のブリティッシュグリーンを思わせるような国産車としては珍しい、綺麗な緑色のボディカラーなどお洒落な要素が満載の1台。

トヨタのパッソモーダ

内装が実用的すぎて、面白みには欠けるかもしれません、、、

トヨタのパッソモーダ

パッソモーダ

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:3660×1665×1525mm
  • ホイールベース:2490mm

スペック

  • エンジン:直列3気筒
  • 総排気量:996cc
  • 自動車税:29,500円/年
  • 最高出力:69ps(51kW)/6000rpm
  • 最大トルク:9.4kg・m(92N・m)/4400rpm

価格=1,431,000円

日産・ジューク

コンパクトSUVの火付け役といっても良いジュークは、エクステリアもインテリアもエッジが効いている車。

攻撃的なフロントマスクでありながら、意外と女性ユーザーが多かったりもします。

日産のジューク

インテリアも独特のデザインを持ち、良くも悪くも好みが分かれるでしょう。

日産ジュークのインテリア

ジューク・15RX

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4135×1765×1565mm
  • ホイールベース:2530mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1498cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:114ps(84kW)/6000rpm
  • 最大トルク:15.3kg・m(150N・m)/4000rpm

価格=1,975,320円

 

マツダ・デミオ

日本で人気のコンパクトハッチバックのデミオですが、優れている部分は躍動感のある鼓動デザインやディーゼルの燃費だけではありません。

マツダのデミオ

内装にもかなり力を入れており、輸入車のようなお洒落なデザインに仕上げられています。

マツダデミオのインテリア

デミオ・XD

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4060×1695×1525mm
  • ホイールベース:2570mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒ディーゼル+ターボ
  • 総排気量:1498cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:105ps(77kW)/4000rpm
  • 最大トルク:25.5kg・m(250N・m)/1500~2500rpm

価格=1,803,600円

スズキ・アルトラパン

女性をターゲットにしてお洒落に作られたのがアルトラパンです。

ラパンとはフランス語でウサギの意味で、車内にはいたるところに隠れラパンが配置されており遊び心があります。

スズキのラパン

そしてラパンはインテリアのダッシュボード下に机を思わせるようなスペースがあるのが特徴。

ナチュラルカラーの木目調で、自分のお部屋の1スペースのように使えちゃいます。

アルトラパン

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:3395×1475×1525mm
  • ホイールベース:2460mm

スペック

  • エンジン:直列3気筒
  • 総排気量:658cc
  • 自動車税:10,800円/年
  • 最高出力:52ps(38kW)/6500rpm
  • 最大トルク:6.4kg・m(63N・m)/4000rpm

価格=1,077,840円

マツダ・ロードスターRF

オープンカー=オシャレという単純明快な考えをしたときに、外すことのできないのがマツダのロードスターです。

マツダ2017ロードスターrfの画像

座席はほぼ車体の中央に位置しており、これはドライバーを格好良く見せるように計算されているそうです。

マツダのロードスターのインテリア

注目を集めるオープンカーならではのデザイン設計。

イタリアの自動車チューニングメーカーであるアバルトが発売する124スパイダーの元車種としても使用されるなど、海外でも高い評価を受けています。

アバルト124スパイダー|スペック、価格、ロードスターとの違い!

2016.08.07

ロードスターRF・S

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:3915×1735×1245mm
  • ホイールベース:2310mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1997cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:158ps(116kW)/6000rpm
  • 最大トルク:20.4kg・m(200N・m)/4600rpm

価格=3,240,000円

イタリア、ドイツ、フランスなど外車

フィアット500

車、ファッションなど様々なブランドが生まれた国イタリアのフィアット500。

愛らしい見た目と狭い道路でも扱いやすいボディサイズで日本国内でも大人気の1台です。

新型フィアット500s

内装も独特の形状を組みあわせており、かなりハイセンスな仕上がりに。

色使いも派手ながらまとまっており、流石はイタリア車!

fiat500のインテリア

フィアット500ツインエアポップ

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:3570×1625×1515mm
  • ホイールベース:2300mm

スペック

  • エンジン:直列2気筒+ターボ
  • 総排気量:875cc
  • 自動車税:29,500円/年
  • 最高出力:85ps(63kW)/5500rpm
  • 最大トルク:14.8kg・m(145N・m)/1900rpm

価格=2,289,600円

アルファロメオ・ジュリエッタ

同じくイタリアブランドのアルファロメオのジュリエッタ。

何度も口に出して言いたくなる響きのジュリエッタは、もちろん名前だけでなく見た目も中身もバッチリ決まってます。

アルファロメオのジュリエッタ

ブラウンカラーでまとめられたイタリアンインテリア。

アルファロメオのジュリエッタの内装

ジュリエッタ・スポルティーバ

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4350×1800×1460mm
  • ホイールベース:2635mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1368cc
  • 自動車税:34,500円/年
  • 最高出力:170ps(125kW)/5500rpm
  • 最大トルク:23.5kg・m(230N・m)/2250rpm

価格=3,704,400円

イタリア車は壊れやすい!?

イタリア車は故障やトラブルが多いというイメージがあると思います。

以下の記事によくある故障例についてまとめてありますので、宜しければご覧くださいm(_ _)m

イタリア車の故障例と修理費用をまとめ!早めの買取依頼がお勧めです

2016.06.12

フィアット500、ジュリエッタに関してはディーラー網も整備されていますし、販売台数も多いので必要以上にトラブルに対して恐れる必要はありません。

プジョー308

フランスのプジョーは同国のルノーやシトロエンに比べると奇抜さには欠けますが、その分上品でスタイリッシュにまとめられています。

その中でもプジョーの代表車種である308はオススメです。

プジョー308

スイッチ類を徹底的に排除して必要最低限のものしか配置をしておらず、最近の車のゴチャゴチャしたインテリアとは違いますね。

エアコン操作等はすべてセンターコンソール上部のタッチパネルディスプレイに集約されています。

プジョー308のインテリア

プジョー308 アリュール

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4260×1805×1470mm
  • ホイールベース:2620mm

スペック

  • エンジン:直列3気筒+ターボ
  • 総排気量:1199cc
  • 自動車税:34,500円/年
  • 最高出力:130ps(96kW)/5500rpm
  • 最大トルク:23.5kg・m(230N・m)/1750rpm

価格=2,790,000円

プジョー3008

同じくプジョーの3008は308のSUV版とも言える最近流行のコンパクトSUV。

スッキリした308のインテリアとは違って、スイッチ類が増えていますが魅せ方に拘ることで、煩雑な印象派ありません!

Newプジョー3008の外観

戦闘機の操縦席のようなプジョー独特のインテリアは、i-cokpiと名づけられており高い評価を受けています。

どちらかというと男性が好むようなデザインですね。

プジョー3008のicockpit

プジョー3008 アリュールLEDパッケージ

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4450×1840×1630mm
  • ホイールベース:2675mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1598cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:165ps(121kW)/6000rpm
  • 最大トルク:24.5kg・m(240N・m)/1400~3500rpm

価格=3,690,000円

BMWミニ・ミニクーパー

車に興味の無い人でもミニクーパーと聞けば、なんとなくカワイイ&オシャレな車として認知されるミニ。

一言にミニといっても歴史ある車なので、色んな種類があります。

その中でも経年劣化や故障を心配せずに乗れるのは現行のミニですね。

ミニクーパー

インテリアは円を基調としてまとめられており、アンビエントライト機能なども充実しています。

グリーンのアンビエントライト

BMWミニのアンビエントライトを紹介!カラーは無限大!?

2017.08.18

メルセデスベンツ・CLS

4ドアセダンでありながらクーペのようなスタイリングを持つCLS。

優雅、上品という言葉が似合う大人の1台。

メルセデスベンツcls

インテリアも優雅な仕上がり。

clsのインテリア

CLS220d

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4940×1880×1415mm
  • ホイールベース:2875mm

スペック

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1598cc
  • 自動車税:39,500円/年
  • 最高出力:165ps(121kW)/6000rpm
  • 最大トルク:24.5kg・m(240N・m)/1400~3500rpm

価格=3,690,000円

BMWアルピナ・B6

BMW6シリーズはクーペ・グランクーペ・カブリオレの3種類から選ぶことができますが、いづれも綺麗なスタイルを持つ徹底的にデザインを重視したシリーズ。

十分にオシャレカーとして活用できますが、更に欲張るのであればアルピナが手がけたB6がオススメです。

bmwのアルピナ

インテリアはアルピナお馴染みのウッドパネル、独特の色合いを持つブルーのメーターパネルなど一目見て通常のBMWとは違います。

bmwのアルピナ

アストンマーティン・ラピードS

イギリスのスポーツカーメーカーであり、映画007シリーズでもお馴染みのアストンマーティン。

そのアストンが発売する4ドアセダンのラピードSは、世界一美しいセダンとも言われています。

2000万円を超えるお値段だけがネックですが、、、

アストンマーチンのラピードs

インテリアは職人のオーダーメイドによるもので、細部1つ1つのディテールまで拘りぬいています。

ラピードsのインテリア

65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!12月は年明けに向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

おしゃれな車のランキング