自動車保険の人身傷害補償について知る!過失割合に関係ない!

自動車保険の人身傷害補償内容について説明する女性
スポンサーリンク

保険を選ぶ上で人身損害補償も重要な項目ではあるのですが、意外と詳しいことについては知られていません。

一般的な基本項目である対人・対物にプラスをして、もしものために加入している人も多い内容となります。

また会社によってもプランが大きく変わる項目でもあるので、あなた自身の確認も重要となってきます。

人身損害補償とは

基本項目にプラスする

自動車保険の基本的な補償内容といえば、対人保証対物保障であることは言うまでもありません。

それ以外の補償は基本的なものではないために、より利用する人の個性や、あなたが何を重視しているかということが重要な要素になるものであるのは言うまでもありません。

最終的にどういった要素が保証されるものになるのかということをしっかりと判断したうえで、最終的な自動車保険の内容を決定していくことが、より重要なケースとなるのは間違いありません。

過失割合に関係なく支払われる

しかし人身傷害補償というものは、数ある自動車保険によって行われる補償の中でも、特に内容が複雑なものなのです。

なぜならば人身傷害補償によって保証される補償内容のほとんどが、自動車事故とは関係のない部分であるからです。

 

例えば人身傷害補償に加入している本人やその家族が、自動車を運転や同乗している場合でなくても自動車事故に遭遇した場合に行われる補償や、犯罪被害にあった場合の補償などが主なものになりますい。

自動車を運転しているときに関係してくるのは、自身が運転する自動車が事故にあってしまった時の、同乗者のケガなどに対して保証金が支払われるということにあるのです。

 

また運転手の過失割合によって支払われる金額が変動することがないのも特徴ですが、その分保険料も高く設定されています。

みお
人身損害補償プランを選択していれば、不注意の事故で100%あなたに原因があったとしても、怪我や通院の料金は払ってくれますよ。
あおい
私は運転に自信が無いから、入っておこうかな。。。
みお
保険を手厚くする前に、とにかく安全運転には心掛けて下さいね(x_x;)

別のプランも

しかし同乗者のケガなどに対する補償を行うだけであれば、搭乗者傷害保険という別の保険プランも存在しています。

そのため人身傷害保険というものは、基本的には自動車の運転とは関係のないところでの補償を行ってくれるものであるという判断で間違いはなく、必ずしも自動車の補償のみを行いたいという人は加入するケースも少ないものになっているのです。

あなたが加入する保険会社の搭乗者損害保険との違いを確認しておきましょう。似たような内容でも料金に大きな違いがあり、無駄な出費となってしまう可能性もあります。

人身傷害補償のまとめ

今回のポイント

  1. 運転手の過失割合の有無に関わらず怪我や治療の費用を払ってくれるプランです。
  2. 搭乗者損害保険との兼ね合いで無駄になることもあるので、保険会社に相談・見積をしっかりと!

過失には関係なく治療費を受け取ることができるので、通常より迅速に対応してくれる内容とも言えます。

原因の特定など全て交通事故の処理が終わってから、支払われるのが普通ですが、こちらは早めに対応してもらうことができます。


保険を見直しで年間10万円も安くなる!

自動車保険は一度加入したら見直すのも面倒ということで、毎年なんとなく更新手続きをしている人が多いと思います。

しかし現在はネットを使ってディーラーや保険の窓口に行くことなくカンタン・無料で見直しをすることができ軽自動車、普通車、外車など全車種が依頼可能です。

私のキューブの場合同じ補償内容で見直しを依頼したところ年間保険料が10万8千円から8万円となり、約3万円も安くすることができました。

車両保険がいらない方であれば外すだけ年間10万円以上安くなることもあります。

車の維持費に悩んでいる方や少しでも安くしたい方は、3分のカンタン入力で見直しができる⇒【無料・スマホOK】保険スクエアbangを利用してみて下さい!

  • 自動車保険会社17社に同時一括見積依頼可能
  • たったの3分間のカンタン入力
  • 必要なのは免許証と現在の保険証書だけ!

65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

自動車保険の人身傷害補償内容について説明する女性