交通事故を起こしたら謝るべきなのか?保険会社の答えは?

交通事故は謝罪するべきかを解説
スポンサーリンク

自動車事故を起こしたときに問題になるのが、あなたと相手とのどちらに原因があるかを表す過失割合です。

この過失割合については様々な情報が出回っており、事故を起こした時に先に謝った側が不利になるという噂を耳にしたことはあるのではないでしょうか?

命に関わるような事故のときに考える余裕はないでしょうけど、お互いの怪我が軽い状況であれば、今後を見通して発言や謝罪の言葉を選ぶ人もいるものです。

ただ、、、まずは常識的な対応をすることが大切です。

あおい
事故ったら先に謝ったら負けだと聞いたことがあるんですが、、、
みお
それは大きな間違いですよ!

交通事故を起こしたらまずは謝る

正しい対処法

保険に加入していたとしてもしていなかったとしても、事故を起こすことによってその場の対処をしなくてはならないのはあなた自身であることは言うまでもありません。

保険会社に連絡を行うことはもちろんのこと、警察へ連絡を行うこと、負傷者がいる場合には負傷者への手配など、やるべきことは数多く存在しています。

そうしたときの正しい対処法を知ることが、自動車保険の利用では非常に重要なことになります。

しかしこの正しい対処法についても、事実無根の話が蔓延しており、正しい知識を身に着けておくことが、より重要なこととなるのです。

みお
保険会社から送られてくる証書と共に、事故時の対応について詳しく説明されたマニュアルが送られてくると思うので、車内に保管しておくことをお勧めします。
あおい
手順も書いてあったし、私が事故を起こした時も助かりました

謝ってはいけないは嘘

代表的な例が、事故を起こしてしまった時は、自分が非を認めてしまうことにつながるためその場で謝ってはいけないというものがありますが、これは間違いなく保険会社側から流された間違った情報なのです。

保険会社側からすれば、自分の担当したドライバーが事故を起こして自分に非があるとしてしまうことで、様々な問題が生じることになります。

そのために事前に自分が非を認めてはいけないということを、顧客に対して念を押しているのです。

とは言っても自分の行動で迷惑をかけてしまった相手には、謝罪をすることは当然であり、それによってのちの保険金などに支障が出るということはありません。

もちろんあなた自身に原因が無いと思われる場合は謝る必要はありません。

みお
お互いの言い分があるので、どちらが謝るべきかっていうのは難しい問題ですが、大人としての対応をしてみましょう。

モラル常識を大切に

そのため事故の現場で最優先すべきは保険金がどうなるかよりも、事故にあった人の安全と的確な事故処理を行うことであるのは言うまでもありません。

こうしたことは保険に関する正しい知識以前の人間としてのモラルや常識というものではないでしょうか。

悪いことを自覚しているのに過失割合が不利になるからといって謝らないというのは、絶対にやってはいけないことですし、相手方の警察や保険会社に対する証言も大きく変わってきます。

あおい
やっぱり先に謝ったら負け、、、なんてことは思っちゃだめだよね(。´Д⊂)
みお
そのとおりよ!まずは1人の人間として正しい行動を取ってください。

交通事故の対処まとめ

今回のポイント

  1. 事故を起こしてしまったら保険会社の対応マニュアル通りに手順を進める
  2. 過失割合に影響が出るからといって謝らないのは人として駄目なことですし、得することは何もありません

あなたが任意保険に入っているのなら事故相手と直接、言い争ったりするのは辞めたほうが得策です。

プロである警察や保険会社の人を介して、原因の究明や対応については話合いを進めていきましょう。

腹が立つことも多いとは思いますが、冷静に一つ一つの問題に対処することが大切となります。


保険を見直しで年間10万円も安くなる!

自動車保険は一度加入したら見直すのも面倒ということで、毎年なんとなく更新手続きをしている人が多いと思います。

しかし現在はネットを使ってディーラーや保険の窓口に行くことなくカンタン・無料で見直しをすることができ軽自動車、普通車、外車など全車種が依頼可能です。

私のキューブの場合同じ補償内容で見直しを依頼したところ年間保険料が10万8千円から8万円となり、約3万円も安くすることができました。

車両保険がいらない方であれば外すだけ年間10万円以上安くなることもあります。

車の維持費に悩んでいる方や少しでも安くしたい方は、3分のカンタン入力で見直しができる⇒【無料・スマホOK】保険スクエアbangを利用してみて下さい!

  • 自動車保険会社17社に同時一括見積依頼可能
  • たったの3分間のカンタン入力
  • 必要なのは免許証と現在の保険証書だけ!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

交通事故は謝罪するべきかを解説