ボルボS90、日本発売は2017か。燃費、価格など情報まとめ

ボルボS90のフロントエクステリア
スポンサーリンク

ボルボの大型ラグジュアリーセダンであるS90が18年ぶりに復活しました。

日本導入時期はまだ未定となっていますが、すでに欧州・北米市場では発売されておりデザインやスペックは明らかになっています!

今回は大型クロスオーバーSUVであるXC90、ステーションワゴンのV90と並ぶボルボのフラッグシップ車種であるS90について内外装画像、スペック等をまとめていきます。

ボルボディーラーで値引きを引き出す方法

ボルボのS90の値引き方法については以下の記事にまとめてあるので、宜しければご覧下さいm(_ _)m

オススメ⇒ボルボ車の値引き方法まとめ!ディーラーで安く買う方法とは!?

Volvo最上級セダン!S90のスペック最新情報

エクステリアデザイン

ボディラインはコレ!といった特徴はないながらもロングノーズ・ショートデッキの落ち着いたデザインです。

フロントマスクはボルボであることが1目見て分かるグリル&エンブレムが鎮座。

新型s90ボルボ

真正面から見るとフロントグリル、ヘッドランプだけではなくフロントバンパー周りも細かな仕事が施されてあることが分かります。

デイライトのLEDは北欧神話に登場する神「トール」が持つ武器、雷鎚である「ミョルニル(英語名:トールハンマー)」をモチーフにしているという洒落乙な由来です。

ボルボS90のフロントエクステリア

S90で特徴的なのはリアのテールランプですね。

他車メーカーでも見たことがないような独創的なデザイン!マフラーは左右2本出しで統一感のあるデザインに。

ボルボのフラッグシップxc90のリア

動画はボルボカーズ公式から夜を走るS90!トールハンマーLED、リアのテールランプの形状などが分かります。

インテリアは北欧風

S90は外観よりも内装が魅力たっぷりに作られています。

兄弟車種のXC90は2016年度のインテリアランキング10選に選出されていますが、S90もXC90もデザインの基本は同じです。

ウッドパネルをドアトリム、インパネ、センターコンソールに配置して、正にTHEスウェーデンデザイン!メッキ部分も必要以上にギラギラしたものではなく、適度な艶消し塗装で落ち着いた印象を与えます。

s90のインテリア

兎にも角にもおしゃれ!

x90のダッシュボードインパネ

シートは人間工学に基づき開発されたもので、素材は穴の開いたパンチングレザーを採用、そしてこのクラスのセダンとしては必須のシートヒーター&ベンチレーション機能付き。

s90の後部座席

ボタン類は極力排除されており、エアコンやオーディオ操作はインパネ中央に配置された大型液晶ディスプレイで行います。

iPhone、androidのようにタッチスクリーン式でスワイプも可能の最先端デバイス。

s90のatセレクター

このATセレクターはスウェーデンのガラスメーカーである「オレフィス」のクリスタルガラス製となっています。

オプション設定となっていますが、必ずつけたい装備ですね!一気に車内がゴージャスになります(笑)

s90のクリスタルatセレクター

ダッシュボード中央にはツイーター、そしてドアトリムなど合計19個のスピーカーからなるサラウンドシステムは圧巻。

Bowers&Wilkins(バウワース&ウィルキンス)のプレミアムサラウンドシステムはX90に乗るのであれば、クリスタルATセレクターと並んで絶対つけたい装備ですね。

インテリアとしてもおしゃれです。

bowers&wilkinsのオーディオ

Volvo Cars公式youtubeチャンネルからS90のインテリア紹介動画です。

ボディサイズは5m以下

ボルボのフラッグシップセダンですが車の大きさ、長さとしては5mを切るサイズとなっています。

  • 全長×全幅×全高:4963×1890×1443mm
  • ホイールベース:2941mm

メルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズ、アウディA8、レクサスLSなどの大型セダンに乗っていた方からすると大きさ的には問題ないでしょう。

自分で運転するような車ではないので、そもそも気にしないかもしれませんが。。。

パワートレインはガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドの3本柱

エンジンはガソリンだけではなくクリーンディーゼル、そしてプラグインハイブリッドまでラインナップ。

T6エンジン(2.0L直4+ターボ付きスーパーチャージャー)

  • エンジン:直列4気筒+ターボ付きスーパーチャージャー
  • 総排気量:1969cc
  • 最高出力:324ps/5700rpm
  • 最大トルク:40.8kgm/2000-4500rpm

D5エンジン(2.0L直4ディーゼル+ターボ)

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1969cc
  • 最高出力:228ps/4250rpm
  • 最大トルク:49.0kgm/1750-2500rpm

T8エンジン(2.0L直4+ツインチャージャーDriveE+モーター)

  • エンジン:直列4気筒+ツインチャージャーDriveE+モーター
  • 総排気量:1969cc
  • 最高出力:400ps
  • 最大トルク:65.3kgm

主な機能、安全装備

S90では標準で以下の機能・装備が付きます。

  • 18インチアルミホイール
  • 9インチタッチスクリーン
  • メモリー機能付きフロントシート
  • サンルーフ
  • デュアルゾーン対応オートエアコン
  • Bluetoothe接続
  • バックカメラ&リアパーキングセンサー

上級グレードになるとHUD(ヘッドアップディスプレイ)、自動駐車システム、パワートランクドア、バウアーズ&ウィルキンスプレミアムオーディオシステム、リアエアサスペンションなど追加。

ボルボといえば安全装備!ですが自動追従型アダプティブクルーズコントロール、自動緊急ブレーキ、前方衝突警報、死角探知システム、歩行者検知システム、車検逸脱警報、そして北欧ならではの大型動物(トナカイなど)検知システム装備!

トナカイが出ても安心

スウェーデン旅行中のトナカイだけではなく、北海道ドライブ中にエゾ鹿が出てきても安心です!

価格は750万~1200万程度か

S90はアメリカ市場では$46,950という価格から販売されており、1ドル=120円として計算すると約563万円となります。

参考までにXC90(T5・AWD仕様)はアメリカだと$47,950で、約575万円ですが、日本でのお値段はというとT5 AWD モーメンタムというベースグレードで7,740,000円~で約200万円も高いです(x_x;)

このことを考えるとS90が日本導入されたとしても、お値段的にはXC90と同額程度に収まりそうです。

約750万円~と考えておくと良いのかなという感じ。

日本導入は2017年か

ボルボ・カー・ジャパンからS90の日本導入時期については正式な発表がないため分かりませんが、導入されるとしたら2017年内には販売されそうです。

2017年で駄目なら2018!?とはならず、そのまま見送られることになりそう。

もともとメインターゲットは中国マーケットということですが、日本正規輸入はどうなるのか。。。

ボルボディーラーで値引きを引き出す方法

ボルボのS90の値引き方法については以下の記事にまとめてあるので、宜しければご覧下さいm(_ _)m

オススメ⇒ボルボ車の値引き方法まとめ!ディーラーで安く買う方法とは!?


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

ボルボS90のフロントエクステリア