トヨタ新型シエンタ!値段、納期、内外装、まとめ!女性にも人気!

トヨタ新型シエンタ情報まとめ
スポンサーリンク

トヨタのシエンタは2003年に7人乗れる小さなミニバンとしてデビューした車種です。

細かなマイナーチェンジはありながらも12年間も発売されていましたが、遂に2015年7月にフルモデルチェンジを果たしました。

今やトヨタの看板車種の1つにまで成長した2代目新型シエンタ(型式DBA)についてのインテリアやエクステリア、スペックといった情報をまとめて紹介していきます!

2017シエンタのスペック、デザイン、グレード紹介

奇抜なエクステリア

シエンタの特徴は何といっても奇抜、斬新な外装デザインです。

派手な蛍光イエローをボディ色をイメージカラーとしたこともあって、国産車らしからぬデザインとなっています!シトロエンとかルノーのようなフランス車っぽさも持ち合わせています。

動画はトヨタ自動車公式の滝川クリステル氏を起用したイメージムービー。

※2017.9.24追記:動画はトヨタ公式チャンネルから削除されました。

この派手なボディ色は「サーモテクトライムグリーン」と言いますが、サーモテクトという名前が付いているように断熱効果を得られる凄い技術が採用してあります!ただ単に目立つ訳では無いのです(笑)

色の粒子にまでこだわった世界初の技術により、ボディカラーに遮熱機能を持たせることに成功しました。従来のカラーベースの中にはカーボンブラック粒子が存在し、太陽光の赤外線を吸収してしまい、車体温度を上昇させる原因となっていました。そこでこの原因粒子を極力排除した上、赤外線反射率の高い「大粒径酸化チタン粒子」をカラーベースに混合。太陽光下での車体表面の温度上昇を抑える、機能する色「サーモテクトライムグリーン」が完成しました。
夏場の屋外に2時間さらした実験において、従来技術のグリーン系のボディカラーよりも遮熱性に優れていることが実証されており、室内温度の上昇抑制にも貢献します。

なんと塗料にゴルフクラブなどでも使われる高級品、チタンを採用してあります。お金を掛けるとこはしっかりと掛けるトヨタです。

シエンタの新カラー

チタン効果によりなんと炎天下の場合でも、従来に比べてー5℃も下がるという優れものです。

サーモテクトライムグリーンの説明

内装もお洒落

独特のエクステリアに負けないぐらいにインテリアもお洒落です!曲線を多用しており柔らかく未来的な印象に仕上がっています。

ダッシュボードにはオレンジのステッチラインが施されており高級感を演出しています。ステッチがあるからといって流石に本革ではありませんけどね。

新型シエンタのインテリア

ベージュ基調のインテリアカラーは、汚れが目立つということで購入を躊躇する人が多いみたいですが、せっかくこれだけ素敵なカラーリングを用意してくれたので、思い切って買ってみることをオススメします!

こちらもトヨタ公式のイメージムービーで細かなインテリア、収納スペースなどを紹介しています。

3列目の後部座席は正直、大人の男性が長時間乗るのは厳しいかもしれませんが、ちょっとしたお出かけ程度なら問題ありません!まあちょっとしたお出かけで7人乗る機会は少ないと思いますが。。。

曲線を活かした収納スペース作りは流石トヨタといったところですね。無駄がありません。

ボディサイズ、大きさ

シエンタの人気の秘密と言っても良い小さなボディサイズは以下のようになっています。

  • 全長×車幅×車高:4235×1695×1675mm
  • 室内長×室内幅×室内高:2535×1470×1280mm
  • ホイールベース:2750mm

もちろん新型でも5ナンバーサイズ(全幅が1700mm未満)で狭い日本の道路でもスイスイ走れちゃうので、初心者の方や女性でも不安なく運転することができます。

車は小さいのに7人乗り、そして両側スライドドアという利便性が高く評価をされています。

トヨタディーラーで新車を値引きする4つのコツ解説!購入前必見!

2016.10.06

パワートレイン

エンジンはハイブリッドとガソリンモデルともに1.5L 2NR-FKE VVT-iEエンジンを積んでいます。

トヨタがハイブリッドカーで培ってきた、高圧縮比&アトキンソンサイクル、クールドEGR*1(排出ガス再循環)システム、低フリクション技術に加え、可変バルブタイミングを電動モーターで制御するVVT-iE*2を採用し、ハイブリッド並みの優れた熱効率を実現。燃費と走りを高次元で両立したエンジンです。さらに、アイドリングストップ機能との融合により、優れた燃費性能を実現しています。
ガソリン車(2WD)。
*1.
EGR:Exhaust Gas Recirculation
*2.
VVT-iE:Variable Valve Timing-intelligent by Electric motor[電動連続可変バルブタイミング機構<吸気側>]

シエンタのエンジン

出典:http://toyota.jp/sienta/performance/engine/

  • エンジン:1.5L 2NR-FKE VVT-iE
  • 総排気量:1496cc
  • 最高出力:109ps(80kW)/6000rpm
  • 最大トルク:13.9kgm(136N/m)/4400rpm

アクセル踏んで加速してドライビングを楽しむという車ではないので、最大馬力とトルクを叩きだす回転数は4400rpm~と少し高めの設定

燃費は20km/L越え

ハイブリッドとガソリン仕様がありますが、ともにリッター20kmを超える高燃費(平成32年度燃費基準+20%)を達成しています。

  • ハイブリッド:27.2km/L
  • ガソリン:20.6km/L

  • 1.5L小型ハイブリッドシステム
    モーターとエンジンの長所を最大限活かしながら、低燃費と優れた走りを両立するTHSⅡ*2。小型化することで、低燃費や走行性能に加え、室内の広さにまで貢献しています。
  • 1.5Lエンジン(1NZ-FXE)
    燃費効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンとクールドEGR*3(排出ガス再循環)システムの採用で、高いエンジン効率を実現。低燃費とハイパワーを両立しています。
  • 昇圧コンバーター付パワーコントロールユニット
    バッテリーの直流電流とモーター発電用の交流電流を最適に制御するユニット。インバーター、コンバーターともに小型・軽量化を実現しています。
  • ハイブリッドトランスアクスル
    駆動用・発電用モーターと動力分割機構などで構成されたトランスアクスル。ギヤトレーンを最適設計することで、小型・軽量化を達成。動力の伝達ロス低減も実現しています。
  • ハイブリッドバッテリー
    駆動用モーターに最適な電力を供給するコンパクトタイプのバッテリー。セカンドシート足元の下に配置することで、ゆとりのある3列シートレイアウトと低床&フラットフロアを実現しました。
  • ECB(電子制御ブレーキシステム)
    油圧ブレーキと回生ブレーキの制動力分担を最適制御するECBにより、運動エネルギーの回収量(充電量)を最大化。

値段は170万円から最上位グレードで240万円

シエンタの価格は170万~240万円で、フルタイムの四駆モデル、6人乗りモデルなどが用意されています。

  • XVパッケージ:1,689,709円
  • X:1,816,363円
  • XVパッケージ(4WD):1,831,091円
  • X(4WD):1,957,745円
  • G(6人乗り):1,980,237円
  • G(7人乗り):1,980,237円
  • G(4WD):2,121,709円
  • ハイブリッドX:2,226,763円
  • ハイブリッドG:2,329,855円
  • ハイブリッドG(6人のり):2,329,855円

トヨタディーラーで新車を値引きする4つのコツ解説!購入前必見!

2016.10.06

トヨタ車の値引き方法はコチラの記事にまとめてありますので、宜しければご覧になって参考にして頂けたら幸いです。

年間自動車税と維持費、車検費用

シエンタを購入した後の毎年の自動車税は1496ccなので「34,500円/年」となります。

車検費用については安心安全のトヨタ車ということもあり、新車から3年経過の1回目だとディーラーで約10万円程度で受けることが可能です。

5年経過の2回目以降からは走行距離などでタイヤ交換、パーツ交換が発生してくるため+2~5万見ていたほうが良いでしょう。

10万円以下で車検を受けたいあなたへ

EPARK車検ではディーラー以外で格安車検を受けることができる自動車整備店舗を調べることができます。利用は無料なので少しでも費用を安くしたい方にオススメのサービスとなっています。

納期は3ヶ月以内

発売当初は注文してから納期が6ヶ月という大人気車種でしたが、フルモデルチェンジから1年経過した今は1~2ヶ月程度であなたのお手元に届くようです。

既にハイブリッドとガソリンが発売されていますし、今後しばらくはマイナーチェンジなども無さそうなので、今が「買い」の時期となった新型シエンタ!

少しでも興味のある方は、ぜひ1度トヨタのディーラーへ足を運んでみて下さい!

シエンタはトヨタの4つの販売チャンネル(トヨタ店、カローラ店、ネッツ店、トヨペット店)全てで取り扱っています!


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

トヨタ新型シエンタ情報まとめ