2016モデルチェンジ新型セレナ|発売日・価格・ライバル最新情報!

2016のセレナは自動運転のハイテクカー
スポンサーリンク

日本で最も競争が激しいミニバンですが、ついに日産もセレナをフルモデルチェンジしてトヨタのノア・ボクシー、ホンダのステップワゴンの対抗車種として登場します。

1991に初代が発売されてから、ミニバンの代表車種として走り続けてきたセレナは2016年のフルモデルチェンジでどのように変わったのでしょうか?

現在分かっているスペック・装備・発売日・価格などをまとめていきます!

輸入車でファミリー向け、スライドドアのミニバンを探している方へ

スライドドアの外車一覧をまとめ!値段も安くて国産車よりお得?

2016.02.29

2016年モデルチェンジの新型セレナ

本格的なハイブリッドカー

現在の4代目C26型のセレナにもハイブリッドモデルがありますが、これは簡易的なシステムで、スズキの「S-エネチャージ」と同様に小さなバッテリーに、減速時に得られるエネルギーを電力として蓄えて発進時・加速時にモーターへパワーを供給するというものでアクアやプリウス、電気自動車のようにモーターのみで走行することはできません。

この点で現在のセレナは他のハイブリッドミニバンより燃費という点では後れを取っています。

当然、次期モデルでは燃費向上は必須!ということで本格的なハイブリッドが用意されます。

これは現行のエクストレイル・ハイブリッドと同じシステムで「インデリジェント・デュアルクラッチ・コントロール」という1つのモーターに対して2つクラッチを組み合わせたもの。

2つのクラッチを繋いだり、切り離したりすることで、モーターのみでの走行とモーター+エンジンでの走行が可能となります。

クラッチという昔からある物理的な装備により、高いエネルギー効率が得られることもポイントです。

複雑な電子制御が必要ない分、信頼性においても高いと言えるでしょう。

2016モデルチェンジのエスティマ!値引き購入・スペック総括!

2016.05.12

エンジンスペック

ハイブリッドシステムはエクストレイルと共有なので、エンジンも同じものが使われます。

  • エンジン:直列4気筒DOHC+モーター
  • 総排気量:2000cc(自動車税:45,000円/年)
  • 最高出力:147ps/6000rpm
  • 最大トルク:21.1kgm/4400rpm
  • 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

安全装備

2016年発売の車ですから、安全装備も充実しています。

  • アラウンドビューモニター
  • エマージェンシーブレーキ
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 車線を外れたときに警報でお知らせ(車線逸脱警報システム)
  • 眠気などからくる注意力の低下を感知するふらつき警報
  • ディスプレイ付自動防眩ミラー

燃費は25km/L!?

新型ヴォクシー・G'sの発売日、価格、スペック、値引きのまとめ!

2016.04.03

ライバル車種であるノア・ヴォクシー、ステップワゴン、フリードの燃費を最初に紹介します。

後出しで発売するわけなので、絶対に日産が上回りたい数値です。

  • ノア、ボクシー:14~23.8km/L(ガソリン~ハイブリッドモデル)
  • ステップワゴン:15~17km/L(ガソリンのみ)
  • フリードハイブリッド:21.6km/L

この数値は超えてくるはずなので、セレナは16~24km/L程度と予想されています。

ただセレナに積まれるハイブリッドを共有するエクストレイルは20.6km/Lとなっているので、実際のところ24.0km/L行くかどうかは微妙な所。

本格的なSUVとファミリー向けのミニバンということで、一概には言えませんが参考までに。

高速道路自動運転パイロットドライブ

国産車より外国車(メルセデスベンツのディストロニック)のほうが一歩先を進んでいる自動運転をサポートするシステムですが、セレナでは主に高速道路での自動運転に力を入れているようです。

システム名は「パイロットドライブ1.0」

追従式のオートクルーズに加えて、車間距離の設定や、渋滞などで前車が発進したときには自動で発進する機能、そして緩やかなカーブもレーダーで車線を感知してハンドルの自動操舵など国産車としては最先端の装備が付く模様。

あくまで補助としての機能なので、完全に自動運転というわけではありませんが、大型連休時、年末年始などの高速道路で大いに役にたつでしょう。

ご家族で遠出するのに最適なミニバンに、最も必要な機能なのかもしれません!?

新型セレナ発売日は2016年8月か

日産から正式には発表されていませんが、2016年の8月に受注を開始することが濃厚です。

またガソリン車を先行発売して、その後に目玉であるハイブリッドを出すとも言われています。

夏のボーナス商戦でガソリン、冬のボーナス商戦はハイブリッドで勝負することになるかも。

価格は 220万から

価格についても予想になってしまいますがノア・ボクシーが2,254,255円~

そしてステップワゴンが2,288,000円~であることから、セレナも同等の価格帯で安くて220万~となりそうです。

ホンダのフリード、オデッセイあたりも競合車種となるでしょう。

新型フリードは何人乗り?6・7から選べ長さも短く超便利!

2016.05.29

燃費26km/L!オデッセイハイブリッドの評価・価格まとめ

2016.04.08

新型セレナの口コミ情報

セレナの今後の情報に期待

まだ未確定の情報も多いですが、高速道路自動運転の「パイロットドライブ1.0」など日産が誇る最新技術が続々と搭載されるかもしれません。

満を持して登場する日産のセレナ。かつての勢いを取り戻せるかどうかは最新技術とハイブリッドシステムにかかっているといっても過言ではありません。

今後の最新情報に期待されるところです。


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

2016のセレナは自動運転のハイテクカー