車を2台持ちするメリットとデメリット!維持費を安くするポイントも解説!

車を2台持ちするメリット
スポンサーリンク

ほとんどの人は車は1台だけで2台持つ人は少ないですが、家族で暮らしている場合は2台持ちすることは全然珍しくないですし、地方だと当たり前の光景ですね。

そこで今回は一人の場合と家族の場合も含めて、車を2台持つことのメリットとデメリットを紹介していきます!

また2台持つときに少しでもお得に買える方法も紹介するので、お嫁さんに言われるがまま好きじゃない車種に乗っている方などは上手にテクニックを使って、好きな車種を買えるようにしましょう!

2台持ちのメリット

用途や気分で使い分けができる

2台持ちする最大のメリットとして用途に応じて車を使い分けることができる点。

例えばセダンとミニバンを持っている家庭だと、小さな子供も含め家族でお出かけするときにはスライドドアのミニバンを選択できますね。

ミニバンにはチャイルドシートをずっと付けておけば手間も掛かりませんし、多くの家庭が自然とやっていることです。

 

また贅沢に一人でスポーツカーとSUVを持っているなら用途に応じて使い分けができるのはもちろんこと、気分次第で乗りたい車を選ぶことができます。

天気が良い日に楽しくドライブをしたいなら7速MTのポルシェ911!

ポルシェ911

そして好きな人を連れて遠くに温泉旅行に行きたいときには荷物もたくさん積めるSUVのレクサスRXなんて使い分けができたら幸せですね。

レクサスのrx

その他にも、ロードスターのようなオープンカーから高級セダンまであればもっと幸せ。

 

ただお金を持っていて一人で好きな車を2台持てる場合は別として、、、家庭だと多いのは家族用のスライドドア車種(ミニバンや軽自動車)+旦那さんの通勤用という形ですね。

その他にもパターンは色々あります。

  • 軽自動車+スポーツカー
  • ミニバン+セダン
  • 軽自動車+スライドドアの軽自動車
  • SUV+ミニバン

では、ここで家計の事情や嫁が怖くて2台車があるけど、どっちも自分好みじゃないとき、次に好きな車を買うポイントを紹介します。

買い替えるときに2台まとめて買う

2台の車

1台の買い替えタイミングが来たら、もう1台も思い切って買い替えることを提案してください。

このときのポイントとしては同じメーカーで同じディーラーで同じ営業マンから買うことです!

理由は言わずもがなですが、2台まとめて買う場合には大きな値引きが期待できるからです。

1台ずつ買うとそれぞれ20万円の値引きだとしても、2台合わせると合計で50万以上も値引いてくれたり、下取り価格も通常よりアップする確率も高いですしね。

営業マンと口合わせをしてお嫁さん相手に上手く交渉をするのが何よりも重要ですが、、、

維持費を安くできる

2台持っていれば維持費が高くなるのは当たり前ですが、1台ずつを考えた場合には自動車保険のセカンドカー割引などを使うことで安くすることができます。

ほとんどの方が知っているとは思いますが、家族で2台持ちをしているのに自動車保険がバラバラな時は必ず見直しをしてセカンドカー割引を使いましょう。

年間で2万~5万円程度の差が着くこともあり見落としてはいけません。

今はディーラーやほけんの窓口に行かなくても、気軽にネットから見積もりを取れるので是非活用してください。


⇒自動車保険の見直しはココから

  • 自動車保険会社17社に同時一括見積依頼可能
  • たったの3分間のカンタン入力
  • 必要なのは免許証と現在の保険証書だけ!

 

また自動車保険以外ではエネオス(新日本石油)や昭和セル石油(出光)、エッソ・ゼネラル・モービルなどの各給油ステーションが発行しているクレジットカードを使うとガソリン代を安くすることができます。

基本的にガソリン代として利用料金が多いほどリッターあたりの割引額も大きくなります。

ガソリンを入れるときにはガソリン専用のカードを1枚作っておくと、2台持ちの場合は効果が大きくなりおすすめ。

シビアコンディションを避けられる

1台しかないと走行距離過多(年間20,000km以上)や短距離走行の繰り返しなどによりシビアコンディションという車にとって悪い使い方になるリスクがあります。

各部品が早く消耗劣化したり、点検時に交換部品が多くなります。

車の全体的な劣化を早めることになるので、下取り価格も当然のことながら下がり良いことはありません。

車のトラブル

車検や壊れたときでも安心

2台車を持っていれば1台を定期点検や車検に出したとき、故障やトラブルで修理に出しているときでも、もう1台あるので生活するのに困りません。

特に夫婦で1台しかないと、どちらが使うかによって喧嘩の原因になったりしますからね。。。

些細なことかもしれませんが小さな不満が積み重なって大きな不満の原因になり、夫婦生活の危機を迎えるかもしれません!?

まだ子供が小さくて保育園、幼稚園など送り迎えが必要な時期は車の使用権やどちらが迎えに行くかなどでトラブルになりがちです。

車の故障

デメリット

高級車だと嫉妬される

デメリットと言えるかは分かりませんが、自宅の駐車場に高級車が2台並んでいたらご近所さんから色々な意味で注目を集めます。

根も葉もない噂話や嫉妬をされたりすることは現実問題としてあります。

子供が幼稚園や小学校で親同士の付き合いがあって、他所の家庭の話が大好きな人がいるならBMW、ベンツ、アウディ、レクサスなどを2台並べるには避けたほうが良いかもしれませんね。

3台の高級車

アルファード、ヴェルファイア、エルグランドなど高級ミニバンなども、お金持ってるわね的な目で見られます。

お金が掛かる

ご近所の目は置いておくとして、ここからが現実的なデメリット!

2台持つと自動車保険やガソリン代を安くすることができると紹介しましたが、トータルで考えるとやはり維持費は高くなります。

  • 定期点検
  • 車検
  • 自動車税など各種税金

車が2台あると出費の必要があることも2倍になりますし、自動車税は2台あるからといって割引はないですからね。

例えば2.0L超~2.5L以下の車を2台持ちしていると毎年の自動車税だけで合計90,000円!

 

燃費が良く経済性の高いプリウスと維持費が圧倒的に安い軽自動車の組み合わせでも50,300円です。

  • プリウス(1.8L):39,500円
  • 軽自動車:10,800円

出費が重なる

1つ前に紹介した自動車税は毎月5月上旬に支払い通知が来て5月31日までが支払期限となっています。

車を2台持っている場合は当然のことながら2台分を払う必要があり、大きな出費が重なります。

5月はゴールデンウィークがありレジャー費、娯楽費としても使いたいところに、自動車税も必要な訳ですから家計簿が赤字になるかもしれません。

軽自動車ならまだしも普通車(総排気量1000cc以下)だと安くても29,500円ですからね。

 

また車検の時期についてもピッタリ重なってしまうと1台10万円として20万以上が一度に出ていきます。

時期をずらしたからと言って出ていく金額に変わりはありませんが、赤字の月を無くしたいときには車検の時期も考えて2代目を購入するようにしましょう。

赤字

駐車場代が高い

自宅の庭等に駐車場スペースが2台分あるなら車庫証明さえ出せば問題ありませんが、駐車場が自宅に無い場合やアパートやマンションなどで無視出来ないのが駐車場代です。

地方だと1台あたり月2000円~5000円程度で済みますが、東京の都心部になると1万円以上は当たり前で港区や渋谷区になると5万円程度になります。

たとえ安い地域で月5000円でも1年にすると6万円で自動車保険と同程度の負担です。

毎週1回程度しか乗らない車を持っていて駐車場代を払っているなら、タクシーかレンタカーに切り替えたほうがお得な場合がほとんど!

借りている限り毎月お金は出ていき、ローンと違って終わりが無いのがつらいところ。

駐車場

 購入価格だけでも100万円は高い

新車で2台買う場合、軽自動車であっても100万円以上はしますから単純に初期投資として100万円は高くなります。

ファミリー向けに人気のある車の価格は以下の通り。

軽自動車

  • スペーシア:1,274,400円
  • N BOX+:1,340,000円
  • ムーヴキャンバス:1,188,000円
  • デイズルークス:1,306,800円

ミニバン

  • シエンタ:1,689,709円
  • ノア、ヴォクシー:2,466,720円
  • フリード:1,880,000円
  • ステップワゴン:2,288,520円
  • セレナ:2,435,400円

コンパクト、ハイブリッド

  • アクア:1,785,240円
  • プリウス:2,429,018円
  • C-HR:2,516,400円
  • ノート:1,399,680円
  • フィット:1,428,840円
車選びに迷う人

軽自動車でもカーナビや自動ブレーキなどを付けると200万円程度になることもあり、やはり購入価格は予想以上に大きいものです。

頭金にもよりますが3年ローンとしても毎月1万~3万円の出費が発生しますから、2台目の購入はローンの支払い計画も含めて考えましょう。

維持費を安くする方法

プラグインハイブリッドやEV車

まだ車種は少ないですが電気モーターのみで走行が可能なプラグインハイブリッドや日産のリーフなど100%電気自動車が1台あると、近い距離はガソリンいらずで移動することができます。

車両価格が高いのがデメリットですが、乗りたい車でPHV、EVがあるなら検討するのも面白いかもしれません。

燃費の良い車

車検費用

車で大きな出費となるのが車検。

新車購入から3年後に1回、その後は2年に1回受ける義務があるので避けて考えてはいけません。

 

ただ車検費用についてはディーラーではなく以下の店舗で受けるとかなり安くなります。

  • 個人が経営する自動車整備工場
  • 車検専門のチェーン店
  • オートバックスやイエローハットの車検サービス

 

外車の場合は正規ディーラー車検が安心できておすすめですが、国産車なら何処で車検を受けても大丈夫ですし、小さな不具合やパーツ交換ならすぐ対応してもらえます。

大きな故障が見つかったならディーラーに行けば良いだけですからね。

 

メインで使う車はディーラー、2台目であまり使わない方は整備工場で受けるなど使い分けるのも良いでしょう。

車検をしてくれる店舗を探すならEPARK車検というサービスを使うのがベスト。

  • 全国3000店舗以上が登録
  • 郵便番号や地図から簡単に探せる
  • 車検は全て点検+整備付
  • 各店舗ごとに特典も満載

割引率や総額価格も事前に見ることができますし、クレジットカード払いができる店舗を探せるなど便利なので、安く車検を受けたい人は気軽に利用してみましょう。


⇒EPARKで車検を安く受けるにはココから

カーシェアリングを利用

ここ数年で利用者が急増しているカーシェアリングは、一定の月額料金を払うことで車を共有して使えるサービス。

レンタカーより気軽に借りることができますし利用時間も15分単位の短い時間から24時間、48時間、また1週間など旅行にも行ける期間にも対応。

車種も軽自動車からコンパクトカー、ミニバン、輸入車などから選ぶことができ、色んな車に乗りたい方がカーシェアリングに登録する場合もあります。

 

デメリットとしてはシステムの性質上、人口が少ない地方だとカーシェア用の車が少なく、借りたいときに借りられないことがあることです。

人口の多い都市ほど使い勝手が良くなり購入するよりも金銭的にもお得!

自動車税、車検、自動車保険代は必要ないですからね。

中古車も検討しよう

お金の話ばかりになりますが2台持ちをするときには価格が安い中古車も検討してみましょう。

色や装備などあなたの条件にピッタリ合った車種が見つかったなら中古車がベターな選択です。

保証付きの車を探そう

もちろん中古車となると心配なのが故障や維持費といった問題ですが、最近では中古車であっても新車と同等の保証が付くケースが増えているので、しっかりと保証の有無さえ把握していれば心配する必要はありません。

中古車検索サービスである「なびくる+」では以下のような保証を付けて、あなたの条件にあったピッタリの車を全国から探しだしてくれますので、購入を考えている方は気軽に利用してみてはどうでしょうか?

  • 入庫時に徹底検査で修復歴は無し
  • 国産車は最長10年保証
  • 輸入車は最長5年保証
  • 利用料金は無料


→中古車検索サービス「なびくる+」はコチラから

それぞれを比較

中古車で保証が付いて安心とはいっても、絶対に新車じゃなきゃ嫌だ!という人もいれば、中古車でも全然OK!という人もいるので、あなたの気持ちで決めるのがベストですが、ここではカンタンにそれぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

新車のメリット
  • 新車だから内装も外装もピカピカ
  • 最新技術が付いている
  • 好きなオプションやグレードを選択できる
  • 保証が付いて故障の心配が少ない
新車のデメリット
  • 価格が高い
  • 好きな車が買えない(旧モデルなど)
  • 納車に日数が掛かる
  • 少しでも傷がつくと凄く落ち込む
中古車のメリット
  • 安く買える
  • 外車でも手が届く
  • 最近は中古でも保証は付く
  • 傷がついてもそこまで落ち込まない
中古車のデメリット
  • 綺麗さは前オーナー次第
  • 目に見えないこしょう
  • 車両状態が分かりにくい
  • 相場が分かりにくい


→中古車検索サービス「なびくる+」はコチラから

 お金のことを第一に考えましょう

車の2台持ちは思った以上にお金が掛かるものです。

当たり前のように2台持っている場合は1台を売ってカーシェアリングなどに切り替えることで、家計に余裕ができることもあります。

便利なのは間違いありませんが、出ていくお金によって生活に余裕が無くなることも知っておきましょう!

 

最後に各ディーラーでの値引き方法の記事を紹介します。

2台目を検討している場合は事前にチェックしてください。

ホンダのディーラー値引き交渉!簡単にできる方法まとめ

2018.01.08

日産車の値引き交渉!新車から中古車までディーラー攻略方法!

2017.01.12

スバル車を値引き交渉で安く買おう!額が渋い、しないの噂は本当!?

2017.01.10

スズキ車値引きの店舗ディーラー交渉方法まとめ!50万円安く買おう

2017.01.09

トヨタディーラーで新車を値引きする7つのコツ解説!購入前必見!

2016.10.06

マツダ車の値引き方法・限界価格!安く買うコツ徹底解説!

2016.10.04

車を乗り換えたい方へ!

私は車を乗り換えたいときや車検前には無料一括査定サイトを利用して買い取り相場を調べています。

ネットの一括査定を使うと簡単に相場額を調べることができますし、ディーラーの査定額より高く買い取ってくれますからね!

私のキューブの場合だとディーラーより「20万円」も高くなりました。

より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でもビックリするほど高く売れることが分かって買替を検討する人が多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売って乗り換えたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?


⇒愛車の相場を調べるにはココから

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!8月はボーナス商戦中で1年の中でも高額査定が期待できる時期です!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

車を2台持ちするメリット