キーレス機能の車は盗難されやすい!鍵は冷蔵庫に保管しよう

キーレス機能の車は盗難されやすい
スポンサーリンク

今ではほとんどの車で採用されているキーレス機能

バッグやポケットに鍵を入れていれば、ドアも開くし、エンジンもボタン1つで始動するという凄く便利な機能ではありますが、コンピューター・電子制御ということで問題になるのが
ハッキングです。

ドイツ自動車連盟(Allgemeiner Deutscher Automobil-Club e.V.)ADACによる調査によると従来の物理的なキーに比べて、キーレス車は盗難されるリスクがかなり高いことが分かりました。

簡単な改造

世界の車メーカー20社以上の車種で調査を調べたところ、キーレスシステムに詳しい専門家の手にかかれば、全ての車を開錠し発進させることができました。

セキュリティ上、車の数メートル範囲内にいなければ開錠することはできませんが、そのキーの電波さえ車に届けば開けることはできてしまいます。

キーを持っている人を判別する機能までは付いていませんからね。

言ってしまえば電波さえ届けば、誰でもOKということなので、電波を増幅させ数百メートルの範囲まで拡大させるだけで、盗難できてしまうとのこと。

無線LAN、wi-fiで電波増幅器があるように、車版の増幅器も簡単に作れるようです。

この方法だと車の持ち主から数km離れてしまうと、ドアの施錠や、エンジンの再始動もできなくはなりますが、最初から盗難目的であれば何の問題もありません。

バラバラにしてパーツごとに売ればいいだけの話ですから。

※今後増えると思われるスマートキーもハッキングには要注意!

対策

自分の車と鍵を1km以上離れた位置にしておけば、大丈夫のようですが、かなり無理がある難しい話ですね。

ADACのオススメとしては冷蔵庫に鍵を入れておけば、断熱構造に使われているアルミ箔等の素材で電波が外に漏れることはないので安心だそうです。

今回の調査は条件さえ揃えば簡単に盗まれますよという問題提起を目的としているようですが、実際に自動運転車の1番の問題はハッキング対策だそうですし、今後は個人で気を付ける必要が出てくるのかもしれません。


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

キーレス機能の車は盗難されやすい