新型フリードは何人乗り?6・7から選べ長さも短く超便利!

ホンダのフリード
スポンサーリンク

ホンダのフリードといえばヴォクシー・ノア・セレナ・ステップワゴンといったミニバンでは大きすぎるし、かといってコンパクトカーでは狭い。。。という方に人気の言わばコンパクトミニバンの代名詞ともいえる存在です。

2008年にデビューして以来、ロングセラーの車種となっていますが、ついに8年目を迎える今年にフルモデルチェンジが行われます。

かつては5人・7人・8人という乗車人数のモデルが用意されていたこともある、用途に合わせて選ぶことのできるフリードですが、次期モデルではどのように変わるのでしょうか?

現行モデルのスペック紹介と共に、現時点での最新情報をまとめていきます。

ホンダのコンパクトミニバン・フリード

ボディサイズ

  • 車長×車幅×車高[mm]:4215×1695×1715
  • ホイールベース[mm]:2740
  • 乗車定員:6名or7名

フリードの魅力と言えば何といっても、コンパクトなボディサイズで、7人乗れる車としては、かなり短い長さ・高さに関しても1.7mと車庫や地下駐車場において問題になることは少ないでしょう。

お子さんを持つ家庭に人気があり、普段は3列シートを倒してラゲッジスペースを確保しておいて、急きょ他の子の子供を送ることになった、おばあちゃん・おじいちゃんを乗せることになった!なんていうときには7人乗りとしても使えることが最大のメリットです。

車の基本骨格となるプラットフォームはヴェゼルと同じものが採用されるようです。

パワートレイン

ガソリンモデル

  • エンジン:L15A型 1.5L 直4 SOHC i-VTEC
  • 総排気量:1500cc(自動車税:34,500円/年)
  • 最高出力:118ps(87kW)/6600rpm
  • 最大トルク:14.7kgf.m(144Nm)/4800rpm
  • トランスミッション:CVT

ハイブリッドモデル

  • エンジン:LEA型 1.5L 直4 SOHC i-VTEC i-DSI+モーター
  • 総排気量:1500cc(自動車税:34,500円/年)
  • 最高出力:88ps(65kW)/5400rpm
  • 最大トルク:13.5kg・m(132N・m)/4200rpm
  • トランスミッション:CVT

フリードと言えばミニバンとしては早くハイブリッドを設定した車としても知られており、昔のようにミニバンで高燃費をあまり求められなかったときから、高い燃費性能を誇っていました。

時期モデルではヴェゼルと同じエンジンが使われるとのことなので、ヴェゼルのスペックを紹介してます。

ガソリンモデル

  • エンジン:L15B型 1.5L 直4 DOHC
  • 総排気量:1500cc(自動車税:34,500円/年)
  • 最高出力:131ps(96kW)/6600rpm
  • 最大トルク:15.8kg・m(155N・m)/4600rpm
  • トランスミッション:CVT

ハイブリッドモデル

  • エンジン:LEB型:1,496cc 直4 DOHC
  • 総排気量:1500cc(自動車税:34,500円/年)
  • 最高出力:132ps(97kW)/6600rpm
  • 最大トルク:15.9kg・m(156N・m)/4600rpm
  • トランスミッション:7速DCT

DCTの名称をまとめ!DSG・Sトロニック・PDKの他にも色々!

2016.02.11

ヴェゼルの特徴といえば、日本車では珍しいデュアルクラッチの変速方式を持っています。時期フリードに搭載されるかは分かりませんが、もし使われることになればエンジンの力をダイレクトに感じられるスポーティーなミニバンとしても評価されることでしょう。

信頼性という意味では少し心配な要素もありますが、車としての走り・燃費を考えたときには多段DCTこそが理想的なシステムと言われています。

燃費は最大21.6km/L

フリードの燃費は21.6~13.2km/Lで、決して悪くはないのですが基本設計が8年前ということで、2016年現在で他の車種と比べてしまうと低いのかな。。。という印象です。

気になるのはフルモデルチェンジ後の数値ですが、他のホンダの車種は以下のようになっています。

  • オデッセイハイブリッド:26.0~24.4km/L
  • シャトルハイブリッド:34.0~25.8km/L
  • ジェイドハイブリッド:25.0~24.2km/L
  • ヴェゼルハイブリッド:27.0~21/6km/L

なんとどの車種も25.0km/Lを叩きだしており、最も大きいボディサイズを持つオデッセイで26.0km/Lです。

オデッセイより一回り小さくて、車両重量も軽いフリードは最低数値が25km/Lという可能性も十分に考えられますし、他社との競争を考えても最低限目標とするべき数字なのかなと思います。

最新エクステリアの画像

次期モデルの外観や内装については、ほとんど詳しい情報は出回っていませんが、いくつかの目撃情報があります。

上記の2枚の写真とも大まかなボディラインは同じですので、時期型フリードであることは間違いないと思います。

テールランプの形状は円を描くようなデザインでかなり思い切ったという感じ。

最大のライバルともいえるトヨタのシエンタがかなり奇抜なデザインで既に発売されていますので、フリードがどのように対抗してくるのかは見物となります。

まさかの滝川クリステルをプロモーションに起用して、大当たりしたシエンタ。フリードの広告展開についても目が離せません!?

安全装備:ホンダセンシング

燃費と共に現在のフリードで物足りない部分と言えば安全装備ですが、おそらく次期モデルではHonda SENSINGという安全運転を支援する装備が搭載されると予想されています。

Hondaは『Safety for Everyone』の安全思想のもと、『事故に遭わない社会』の実現をめざしてリアル­ワールドの実態に基づく安全技術の研究・開発に取り組んできました。『事故に遭わない­社会』の実現にあたり特に求められるのが、「予防安全技術」と「プリクラッシュセーフ­ティ技術」。Hondaは、予防安全技術では、1982年に国産車初となるABSを皮­切りに様々な技術を実用化し、プリクラッシュセーフティ技術では、2003年に世界で­初めてミリ波レーダーを用いた「追突軽減ブレーキ(CMS)」を実用化しました。そし­て、これらの研究・開発で培ってきた技術をさらに進化させ、高機能化した先進の安全運­転支援システムが『Honda SENSING』です!

フリードのまとめ

2016年の夏に正式に詳細が発表される予定の新型フリードですが、その他メーカーも続々と新車種を発売する予定となっていて、大きなライバルとなりそうなのがトヨタのCH-Rと日産のセレナです。

トヨタCHRの発売日・価格・スペックまとめ!内外装ともに未来的!

2016.03.29

2016モデルチェンジ新型セレナ|発売日・価格・ライバル最新情報!

2016.04.17

予想されている時期も近いため各社それぞれ、入念にライバルチェック、プロモーション、正式な発売日の決定などをしてくると思います。

今後の各メーカーの動きに注目です。


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

ホンダのフリード