ドイツ人の4人に1人はクラシックカーに興味がある!問題は維持費

ドイツのクラシックカー
スポンサーリンク

ドイツのアレンスバッハ研究所との調査によると、車好きのドイツ人に聞いたアンケート結果では4人に1人がクラシックカーに興味があり、実際に所有したいという気持ちがあるようです。

30歳~44歳の年齢層で特に高く32%の人が興味を持っています。

アルファロメオではジュリエッタ、ジュリアなど名車のネーミングを復刻させて、新車種として発売するケースが多いですが、今後はドイツ車でもかつての名車の復活があり得るかもしれませんね。

ドイツのクラシックカー

最新車種には無い魅力を持っているクラシックカーですが、購入しない理由もアンケートで聞いてみたところ、1番の理由は修理・故障時などのメンテナンス費用の問題でした。

73%もの人が維持費を考えると躊躇してしまうそうです。

日本でも旧車の維持はお金がかかるものですし、万国共通の車好きの悩みですね。


65万円以上も得する方法

私は査定業者からの営業電話が無いユーカーパックという査定サービスを利用して、私のキューブだと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いアルファード「65万円」も差が付いた実例もあります。

ユーカーパックを通じた最大2000社の査定により今は売る気が無い人でも買取相場を見てビックリするほど高く売れることが分かり買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の相場額を知りたい、高く売りたい人は30秒のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】ユーカーパックを利用してみてはどうでしょうか?


⇒買取相場もスグに分かるユーカーパックはココから

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!2月は買替時期のピークで1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

ドイツのクラシックカー