新型カローラハッチバックは2018年に発売!次期オーリス?予想デザインや価格など最新まとめ

冬季テストするオーリス
スポンサーリンク

トヨタが2018年内にオーリスのフルモデルチェンジを行います。

ただオーリスという車種が消えてカローラにハッチバックタイプを追加という情報もあります。

正式な車種名は決まっていませんがセダンはアクシオ、ステーションワゴンはフィールダーといった具合にボディタイプ別に名称が違うカローラシリーズですから、ハッチバックに関してもカローラ〇〇としてデビューするでしょう。

当記事では通称、カローラハッチバックとして紹介していきます。

いずれにせよオーリスが大きな変化を迎えるのは間違いありません。

オーリスがフルモデルチェンジでカローラハッチバックに統合か

オーリス

カローラハッチバックは日本のみならず海外でも高い評価を受けているオーリスの次期モデル、フルモデルチェンジにあたる車種とみられておりオーリスという車種自体は無くなるかもしれません。

日本ではカローラ〇〇、海外ではオーリスの名を引き続き使用するなど販売地域によって名称が変わる可能性もあります。

初代モデル

2006年~2012年まで発売されたオーリスの初代モデルは、元々カローラランクスというカローラのハッチバック版から独立した車種。

今回の統合は原点回帰とも言えますね。

初代のオーリス

1.5L+CVTのパワートレインの他に、RSというグレードでは1.8L直4+6速MTというスポーティーなタイプもありました。

このRSが高い評価を受けて2代目モデルでスポーティーなハッチバックへと進化しました。

2代目モデル

2代目のE18型は2012年からデビュー。

プリウスと同じハイブリッドシステムを積んだグレードも登場するなど、高燃費で使い勝手の良いハッチバックカーとして人気を得ました。

オーリスの2代目モデル

2代目でも好評だったRS・6速MTが引き続きラインナップされ、欧州ではスズキのスイフトスポーツと並んで運転していて楽しいほっとハッチバックとして高い評価を受けています。

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1797cc
  • 最高出力:144ps(106kW)/6200rpm
  • 最大トルク:18.4kg・m(180N・m)/3800rpm
  • 燃費:14.4km/l

テスト車両の画像

カローラハッチバックは既にテスト走行を始めています。

黒のラッピングでカモフラージュされているのでエクステリアデザインの全ては分かりませんが、リアを絞り込んでいることからスポーティーなハッチバックというのは継承するようですね。

新型オーリスのテスト走行

真横から見るとリアに備えられたエアロパーツが存在感を示します。

新型オーリスのサイドビュー

テールランプは薄目横長。

新型オーリスのリアビュー

市販化前に欠かせないのが冬季に行われる雪上や凍結路面での走行テスト!

冬季テストするオーリス

 

カモフラージュのラッピングも薄くなりボディラインは把握できますね。

ホイールは同じ物を履いており純正なのでしょうか?

カローラハッチバックのサイドビュー

テールランプの形状が分かるリアビュー。

冬季のテスト車両

インテリア

インテリアもキャッチされています。

見える範囲では大きな変化はなくシンプルに使い勝手重視のデザイン。

シートはファブリックですがサイドサポートはしっかりと厚みがありホールド性が良さそうです。

カローラハッチバックのインテリア

こちらが現行型のオーリスのインテリアで比較すると立体的な造形が新型では目立ちそうですね。

オーリスのインテリア

ターボエンジンとハイブリッド

パワートレインは引き続き1.2L+ターボのダウンサイジングエンジンと1.8L+モーターのハイブリッドがラインナップ。

ダウンサイジングターボ

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1196cc
  • 最高出力:116ps(85kW)/5200~5600rpm
  • 最大トルク:18.9kg・m(185N・m)/1500~4000rpm

ハイブリッド

  • エンジン:直列4気筒+モーター
  • 総排気量:1797cc
  • 最高出力:144ps(106kW)/6200rpm
  • 最大トルク:18.4kg・m(180N・m)/3800rpm
  • モーター出力:82ps(65kW)
  • モータートルク:21.1kg・m(207N・m)

ハイブリッドシステムは3代目プリウスに使われていた1世代前のタイプなので、フルモデルチェンジを機にハイブリッドも一新される可能性は高いでしょう。

ハイブリッド

6速MTがあるRSモデルは本格的なホットハッチを目指して4WD採用が期待されます。

2.0L+ターボエンジンを積めばホットハッチとしては十分なスペックを誇りますしね。

ただ日本へは需要の問題から今まで通りの1.8L直4エンジンかもしれません。

GRはスーパーチャージャーエンジン

トヨタの新しいブランドとしてGR(Gazoo Racing)がありますが、その中のトップである究極のスポーツモデル「GRMN」のヴィッツは1.8L直4エンジンにスーパーチャージャーを搭載して212psという最高出力を叩きだしています。

トヨタのgrとは

出典:http://toyota.jp/gr/

GRからオーリスは発売されていませんが、カローラハッチバックにモデルチェンジしたらGRが手掛けるのは間違いないでしょう。

ヴィッツと同じ1.8L+スーパーチャージャーの登場を期待しましょう!

参考までにヴィッツGRMNは生産台数150台限定で申し込み期間も2018年4月9日~5月13日まで。

発売予定日は2018年6月1日というかなり希少価値の高い1台。

6速MTとCVT

トランスミッションはCVTがメインで、スポーツグレードであるRSは6速MTになるでしょう。

無段変速機であるCVTですがヴィッツGRでは10速のシーケンシャルCVTを採用しており、パドルシフトなど任意でギアを変えることで運転を楽しむことができます。

ヴィッツgrのシフトノブ

プラットフォームはTNGA

プラットフォームはトヨタの新型車種で続々と採用されているトヨタニューグローバルアーキテクチャ。

トヨタは、TNGAにより、クルマを骨格から変え、低フード化・低重心化・運動性能の向上を図り、クルマの基本性能である「走る」・「曲がる」・「止まる」をレベルアップさせるために、プラットフォームを中心に全面的に見直し、2015年発売の4代目プリウス以降、新プラットフォームの採用拡大に取り組んでいる。

同時に、クルマの中核となるパワートレーンについても、低重心化とともに、優れた走行性能と高い環境性能を両立させた新型の開発に取り組んできた。

出典:https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14392707

燃費はプリウスに近づく

カローラハッチバックのハイブリッドシステムが現行プリウスと同じになると燃費は35km/l以上とかなり向上します。

現行オーリスハイブリッドの燃費は30.4km/lと決して悪くはありませんが高ければ高いほうが良いですしね。

最新技術に加えて軽量プラットフォームであるTNGAによりガソリンモデルも燃費は良くなるでしょう。

安全装備

2代目オーリスは2012年に発売開始で、ここ数年の間で自動車業界は安全装備技術が格段に進歩しました。

次期モデルになった際には安全パッケージが充実することは間違いありません。

自動ブレーキサポート

トヨタの自動ブレーキサポートは単眼カメラ+ミリ波レーダーの2つのセンサーにより人や車を検知。

作動速度は歩行者検知に関しては徐行速度の10km/h~80km/h!まで。

そして車両検知に関しては10km/h~180km/hなので法定速度や制限速度を守っていれば検知機能が働きます。

動作に関してもいきなりブレーキが掛かるのではなく、余裕がある距離でドライバーにお知らせする機能が付いており事前にブレーキを踏むことも可能。

 

車線はみ出しアラート

ドライブ中の会話に夢中になっていたり、眠気が襲ってきたときに気を付けたいのが車のふらつき。

運転手自身は何とも思ってなくても車線からはみ出すリスクは高く大きな事故の原因ともなります。

アラート機能があれば警報ブザーによりお知らせしてくれますし、もしセンターライン(黄線)を超えそうになったときにはステアリング制御が働き元の車線に戻してくれます。

当たり前ではありますがウインカーを出しているときには作動しないので、車線変更や合流をするときには必ず後方+左右の安全確認を行って下さい。

自動ハイビーム

自動ハイビーム機能は先行・対向車両を検知すると自動的にロービームに切り替わるシステムです。

面倒な切り替えを行う必要はなく常に状況に応じた明るいヘッドライトで運転できます。

追従ドライブ支援機能

レーダークルーズコントロールでは渋滞の時には前の車に合わせて自動的に追従してくれますし、高速道路やバイパス道路では一定の速度+一定の車間距離で先行車に合わせて追従してくれる楽々機能。

アクセルペダルから足を離すこともできますし長距離のドライブには欠かせないでしょう。

トヨタ最新の衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」の内容をまとめた動画はこちら。

ランドクルーザーでの説明ですがパッケージは同じです。

価格は200万前後

フルモデルチェンジ後の価格は現行オーリスからほぼ変わりはないと予想されます。

ハイブリッドなどパワートレインの違いによって車両価格は大きくことなります。

現行オーリスの価格設定

  • 150X Cパッケージ:1,789,855円
  • RS:2,460,437円
  • ハイブリッドGパッケージ:2,832,545円
トヨタディーラーの新車値引き方法とは

オススメ⇒トヨタディーラーへ行く前に知っておきたいお得情報はココから

発売は2018年内

オーリスのフルモデルチェンジは2018年の春~夏に発表されて発売は2018年内に行われます。

カローラシリーズに統合されるのか、それともオーリスの名を引き続き使うのかなど現時点では分からない点も多いですが、現行オーリスに大きな変化があるのは間違いありません。

トヨタからの最新情報が分かり次第、更新していきます!


トヨタ車を安く買おう!

トヨタの値引き方法については別記事にまとめたので宜しければご覧くださいm(_ _)m

トヨタの値引き
おすすめ⇒トヨタ車の値引き方法はココから

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

冬季テストするオーリス