シトロエンDSがE-tenseを公開!インテリアが格好良すぎる!

シトロエンが次世代電気自動車。e-tenseを公開。
スポンサーリンク

2016年にスイスのジュネーブ・モーターショーで公式に発表が予定されているシトロエンの高級ブランド「DS」から次世代電気自動車「E-tense」の画像が公開されました。

BMWi8に次ぐ電気自動車のスーパーカーとして期待が高まります。

ルノーでもスポーツカーブランドのアルピーヌが復活するみたいですし、あまり日の目を見なかったフランス車のスポーツカーから今後は、目が離せませんね。

シトロエン・E-tense

i8は3気筒1500ccのエンジンを積んでいる、プラグインハイブリッドカーですが、E-tenseは日産のリーフと同じくフルEV車のようです。

攻撃的なエクステリアを見ると電気のモーター音だけでは物足りなさを感じそうですね。

やはりスピーカーから作ったエンジン音を流すギミックも仕込まれるのでしょうか?

スペック

  • 車高1.29メートル
  • 車幅2.08メートル
  • 全長4.72メートル
  • 馬力402ps
  • エンジンの搭載は無く、パワートレインは100%電気
  • 最大航続可能距離は224マイル(360km)

エクステリア

シトロエン E-tense

シトロエン E-tense

etense2

フロントグリルはアウディやレクサスのように大型のものを採用。

ヘッドライトは2016年発売の新型NSXに似てますね。

E-tenseのリアサイド

E-tenseのリアサイド

etense4

テールランプのアウトラインは新型プリウスに似てるような気も。またNSXにも似てますね。

インテリア

格好良すぎるインテリア

E-tenseのインテリア

etens6

インテリアはかなり格好良い。そのまんま発売される確率は低いとは思いますが、

そこはアバンギャルドなシトロエン!この写真に近いままで発売してくれることを期待します。

情報まとめ

  • 公式発表は2016年のジュネーブ・モーターショー
  • 発売時期は未定
  • 日本導入も未確定。期待は薄いかもしれません。。。

多くの謎に包まれたE-tense。詳細な情報が出てくるのが楽しみです。

フルEV電気自動車のスーパーカーが続々と発表されることが予想されます。

今後の各メーカーの動向に期待しましょう!と言いたいところですが、シトロエンは中国市場に重きを置いているそうで、まとめの部分にも書きましたが日本で導入されたらラッキー♪ぐらいの心構えが必要と思われます(T_T)

シトロエンは気まぐれフランス貴婦人ですから。


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

シトロエンが次世代電気自動車。e-tenseを公開。