BMW9シリーズとしてデビュー!?Sクラス・テスラの対抗車種

BMW9シリーズとの噂のグランルッソクーペ
スポンサーリンク

BMWのCEO(成功経営責任者)ハラルド・クルーガー氏によると、BMWの今後の計画として新しい9シリーズ投入の可能性と電気自動車の開発に力を入れていくようです。

2016年は車好きの方ならご存知の通りBMWの創立100周年のメモリアルイヤーということで、様々な動きが見られます。

2016年BMWの今後

9シリーズの投入

BMWというブランドとは別に高級感を追及したラグジュアリーブランドを立ち上げようという動きがあるようです。

シトロエンでいうDSブランドのような扱いになるかもしれません。

計画もこれから進められるとので、ブランド名などは未定ですがメルセデスベンツSクラス、マイバッハに対抗するべく新たに9シリーズを投入する可能性もある模様。

現在ロールスロイスを傘下に持っているBMWですから、本腰を入れれば簡単にマイバッハ以上の車を作ることは容易いことだと思われますが、現行モデルで十分高級感のある7シリーズ以上のものを開発となると、それこロールスロイスとの差別化を考えなくてはなりませんが。。。

V8またはV12のエンジンにハイブリッドシステムを載せることが濃厚のようです。

テスラのライバルを投入

そして2021年までにはアメリカの電気自動車・テスラモデルSに対抗する電気自動車を発表するとのこと。

コンセプトカーではありますが、既に発表されているBMWビジョン100を基に開発を進めていくようです。

BMW100周年記念モデル!ヴィジョン・ネクスト100コンセプト

2016.03.08

どこまでビジョン100の原型を留めるかは分かりませんが、、、期待せずにはいられない注目の車となるのは間違いないですね。

BMW・X7は2018年

2018年にはSUVとしてフラッグシップモデル、X7を発表すると明言しました。

さらに同時期にBMW・i8のロードスターバージョンも投入ということで、前述した9シリーズや電気自動車などが出そろえば、不足の無い充実のラインナップとなります。

BMWi8プロトンレッドエディションの実車画像!青より赤が似合う!

2016.03.02

プロトンレッドエディションと並んで売上台数に伸び悩んいるi8の起爆剤となるか!?というところ。プロトンレッドのロードスターともなれば、かなり目立ちますし、THEスポーツカーという感じで、今ままで電気自動車ということで敬遠していた層にも訴えかける力は十分にありそう。

やっぱりスーパーカーは真っ赤なボディが似合います。

FRからFFへ!?

最後にBMWは伝統のFR方式から徐々にFFのプラットフォームへ切り替えていくとも言われています。

FRファンの方々からすると残念なニュースではありますが、これも時代の流れなのでしょうか。

出典:http://www.kolesa.ru/news/bmw-vypustit-novuju-flagmanskuju-model-i-konkurenta-tesla-2016-05-14


65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

BMW9シリーズとの噂のグランルッソクーペ