新型ベンツAクラスのフルモデルチェンジは2018年3月!デザイン画像やスペックまとめ

新型aクラス
スポンサーリンク

1997年に初代モデルが発売されたメルセデスベンツのコンパクトハッチバック「Aクラス」はベンツのエントリーモデルとして人気の高い一台。

2004年には2代目W169型へフルモデルチェンジ、2012年には3代目W176型へと進化を遂げています。

そして2018年中には4代目モデルにフルモデルチェンジが行われます。

エクステリアはまだ不明な点がありますが豪華なインテリアデザインは発表済!

エントリーモデルは思えない仕上がりでプレミアムハッチバックの代表格となりそうなAクラスについての最新情報をまとめです!

2018年2月2日に公式発表

※2018年2月2日にダイムラーから公式発表がありました。

オランダのアムステルダムで行われたワールドプレミアの模様です。

16分13秒あたりからNew Aクラスがお披露目!

実走行の風景を含めた公式動画。

エクステリア、インテリアともにチェックできます。

以下は公式発表前の情報となります。

新型Aクラス(W177型)の最新情報

インテリア

まずは内装からですが質感や装備はCクラス、Eクラス、さらにフラッグシップのSクラスやGクラスと比較しても引けを劣らないデザインになっています。

車内がコンパクトなのでできる限りのスイッチ類を排除してスッキリしていますが、安っぽいといった印象は全く受けません。

新型aクラスのコックピット

Aクラスだからといって妥協することなくコンパクトな車内に最も合った高級感あふれる素材やデザインを採用しています。

黒基調のインテリアでは左右のシート調節ボタンから一体感のあるシルバーのパネルが目を引きます。

新型aクラスのダッシュボード

2つの大型ディプレイは10.25インチで視認性は抜群でデザイン的にもうまく収められています。

エアコン回りもピアノブラック素材を採用するなど一切の妥協がありません。

新型aクラスのブラックインテリア

メルセデスベンツお得意のインテリア照明(アンビエントライト)はダッシュボード上部やドアトリム、そして新型CLSと同じくエアコンルーバー内にも配置!

夜のドライブを一層楽しいものにできますし、女性受けもよいアンビエントライトはモテたいなら必須の装備ですね。

新型aクラスのインテリアライト

ブラウンをベースとしたインテリアには木目調パネルを採用。

アンビエントライトの色が落ち着いた黄色になっていますが、全64色から自由に変更可能です。

新型aクラスのブラウンインテリア

AクラスではなくEクラスですが照明色の変更を紹介した動画。

Eクラスではエアコンルーバーは光りませんがAクラスでは光るのが嬉しいところ。

ベンツCOMANDシステムはタッチパッド方式。

センターコンソール収納部の蓋にもステッチが入るなど細部まで技が光ります。

新型aクラスのタッチコンソール

シート調整スイッチはベンツ得意のドアトリム上部に配置。

シート素材はファブリック、本革から選ぶことができ、グレードよりますがシートヒーター&ベンチレーション、そしてマッサージ機能も装備されます。

メモリーが3つあるのも嬉しいところ。

新型aクラスのシート調整

出典:https://jalopnik.com/hey-the-new-mercedes-a-class-interior-actually-looks-pr-1821421750

エクステリア

新型Aクラスのエクステリアは正式に公開されてはいませんが、ほぼ完成形の車がキャッチされています。

ヘッドランプデザインは現行のCLSのように鋭いデザイン。

新型aクラス

ロングノーズショートデッキのデザインで車高も他のハッチバック車種よりも低く見えますね。

新型aクラスのエクステリア 新型aクラスのサイドビュー 新型aクラス

テールランプのデザインもベンツのクーペ車種で採用されている横長になっておりスポーティーな印象を与えます。

新型aクラスのリア

出典:https://www.carwow.co.uk/

動画

インテリアや2つの大型ディスプレイで操作できる機能を紹介している動画です。

カモフラージュ柄に包まれた新型Aクラスがニュルブルクリンクコースを走っている動画。

次期モデルのベースと言われているのコンセプトAセダン。

エンジン

Aクラスに搭載されるエンジンは新開発された以下の3種類と言われています。

M282型

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1332cc
  • 最高出力:120kW(163ps)/5500rpm
  • 最大トルク:250Nm/1620-4000rpm

M260型

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1991cc
  • 最高出力:165kW(224ps)/5500rpm
  • 最大トルク:350Nm/1800-4000rpm

OM607型

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1461cc
  • 最高出力:85kW(116ps)/4000rpm
  • 最大トルク:260Nm/1750-2500rpm

以上のエンジンは新型CLAでも採用されると言われています。

m282型のエンジン

参考として現行Cクラスのスペックは下記の通り。

C180

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1595cc
  • 最高出力:156ps(115kW)/5300rpm
  • 最大トルク:25.5kg・m(250N・m)/1200~4000rpm
  • 燃費:16.1km/l

C200アバンギャルド

  • エンジン:直列4気筒+ターボ
  • 総排気量:1991cc
  • 最高出力:184ps(135kW)/5500rpm
  • 最大トルク:30.6kg・m(300N・m)/1200~4000rpm
  • 燃費:14.2km/l

組み合わされるトランスミッションは7速のDCT、6速のMTですが日本正規導入モデルは全て7速DCTになるでしょう。

デュアルクラッチのメリット・デメリットを分かり易く解説!外車に多い!

2016.02.09

プラットフォームはMFA2

プラットフォームはルノー・日産と共同開発されたMFA2が使われます。

MFA2では軽量かつ高剛性を持つアルミニウム素材をフロアパンに採用することで車両重量の軽量化や燃費向上に寄与します。

また従来のMFA1よりも若干大きくホイールベースの拡大や室内空間も広がります。

詳しいボディサイズは不明ですがホイールベースは現行W176型より30mm拡大され2730mmとなり後部座席の居住性向上は確実ですね。

W176型の大きさ

  • 全長×車幅×全高 4355×1780×1420mm
  • ホイールベース:2730mm

電気モーターやハイブリッド

ドイツ本国では2030年までにガソリンを使う発火燃焼エンジンの発売禁止を目指しているため、次期Aクラスでも電気自動車もしくはハイブリッドをラインナップします。

メルセデスベンツではElectrin Inteligenceを表す「EQ」をブランドとして電気とガソリンのハイブリッドカーを既にラインナップしており、Aクラスも加わることになるでしょう。

現在日本では以下の5車種をラインナップ。

  • C350 e アヴァンギャルド
  • C350 e ステーションワゴン アヴァンギャルド
  • E350 e アヴァンギャルドスポーツ
  • GLC350 e 4MATIC クーペスポーツ
  • GLC350 e $MATIC スポーツ

燃費向上だけではなく高級ブランドのベンツらしく電気の力を利用して、スマートフォンから車内のエアコンやシートヒーター等を動作させることもできます。

これにより夏や冬でもエンジンを始動することなくエアコンを掛けられるので、最初から快適な車内空間の状態でドライブを始めることが可能。

C350 e アヴァンギャルドの価格は7,260,000円とCクラスの中では高額ですが、各種機能や燃費向上により人気を得ています。

ドライブパイロット(自動運転)

AクラスではEクラスと同様の最新デバイスを搭載しベンツが誇る自動運転技術・ドライブパイロットも装備。

自動運転レベルは2となります。

レベル2(部分自動運転)

システムがドライビング環境を観測しながら、加速・操舵・制動のうち同時に複数の操作をシステムが行う状態。

アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)等がこれに該当する。

ドライバーは常時、運転状況を監視操作する必要がある。

そのため、2016年時点で市販されているシステムはある程度の時間(10~15秒等)、ハンドルから手を離しているとシステムが解除される等の仕様となっている。

出典:wikpedia・自動運転車

AMGモデル

AMGモデル(A45)は400psの最高出力を誇るクラス随一のホットハッチバックを目指します。

エンジンはM254型の2.0L直4+ターボエンジンで駆動形式は4WD(4MATIC)でトランスミッションは9速DCT。

最大のライバルともいえるBMWからの新型1シリーズ、M1とのスペック競争にも注目ですね。

新型BMW・1シリーズのフルモデルチェンジは2019年。画像、デザインなど最新情報

2018.01.15

価格は300万~

W176型の現行AクラスはA180スタイル(ベースグレード)が2,980,000円と300万円を切った価格です。

次期モデルが300万円を切るのは難しそうですが一気に400万以上になることも考えにくく、300万前半あたりからの価格設定になるでしょう。

メルセデスベンツの値引き

オススメ→ベンツディーラーでの値引き方法

発売日は2018年内

新型Aクラスは2018年3月8日から3月18日まで開催されるジュネーブモーターショーで正式に発表されるようです。

そして2018年4月からはドイツ本国、欧州で市販開始。

日本導入も2018年後半には行われる可能性が高いでしょう。

 

インテリアを見てもかなりベンツとして力を入れておりラグジュアリーハッチバックの頂点になりそうなAクラス!

さらに詳しい情報が分かり次第、お知らせしていきます。


65万円以上も得する方法

私は査定業者からの営業電話が無いユーカーパックという査定サービスを利用して、私のキューブだと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いアルファード「65万円」も差が付いた実例もあります。

ユーカーパックを通じた最大2000社の査定により今は売る気が無い人でも買取相場を見てビックリするほど高く売れることが分かり買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の相場額を知りたい、高く売りたい人は30秒のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】ユーカーパックを利用してみてはどうでしょうか?


⇒買取相場もスグに分かるユーカーパックはココから

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!2月は買替時期のピークで1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク

新型aクラス