超希少車BMW1600のドライブ風景!3シリーズの原点がここに!

スポンサーリンク

六本木のカローラとまで言われるぐらい、日本でよく見かけるBMW3シリーズの原点とも言える車種がBMW1500です。

第二次世界大戦後に新しい車のジャンルを!という意味を込めてノイエ・クラッセ(Neue Klasse)(新しいクラス)というコードネームのもと1962年から64年まで生産されていました。

1500の後継として出たのがBMW1600。1964年から66年までに9,728台が生産され、その後、1600、1800、2000と受け継がれ1975年に初めて3シリーズ(E21)が誕生しました。

今回は3シリーズの原点!?ともいえるBMW1600の動画を紹介します!

BMW1600

60年前の車とは思えないぐらい調子が良さそうな1600!

形状こそ変わってきていますが、キドニーグリルはこの時代から採用されています。

現行のF30にお乗りの方はも60年後まで乗り続けみてはいかがでしょうか?

今回の動画のように、また違った味わいを見ることができるかもしれません。

[blogcard url=”104″]

65万円以上も得する方法

私は車を買い替えるときには無料一括査定サイトを利用していて、私のキューブの場合だと「20万円」も買取額に差がでました!より価格が高いクラウン「65万円」も差が付いたという実例もあります。

最大10社の買取専門店が査定をしてくれるので今は売る気が無い人でも買取相場を知るとビックリするような高値で買替を検討する人も多いです。

あなたの愛車の本当の価値を知りたい、車を高く売りたい人は1分のカンタン入力で依頼できる⇒【無料・スマホOK】車査定比較.comを利用してみてはどうでしょうか?

軽自動車、普通車、輸入車までどんな車でもOK!11月は年末に向け買替を検討する人が多く1年の内最も高額査定が期待できます!

“あなた”にオススメの記事



スポンサーリンク